FC2ブログ

Category2015年度 1/11

スポンサーサイト

No image

  •  -
  •  -

聖なる者となる

No image

テサロニケの信徒への手紙Ⅰ 5章16~24節澤田 武師主題聖句 「どうか、平和の神御自身が、あなたがたを全く聖なる者としてくださいますように。」  5章23a節 聖書は、神様は「聖なる方」であると伝えています。「あなたたちは聖なる者となりなさい。あなたたちの神、主であるわたしは聖なる者である」と。  ここで「聖」とは、神の絶対性、超越性を表す言葉です。その神が私たちも「聖なる者」となりなさいと、招い...

  •  -
  •  -

復活 苦しみの実り

No image

イザヤ書53章7~12節佐々木良子師 輝かしい主のご復活、イースターを迎えました。私たちの罪のために主イエス・キリストは十字架にお架かりになりましたが、ご復活によって見事に救いの御業が成し遂げられました。 イザヤ書53章においては、主の僕の受けた苦しみ、受難について語られていますが同時に、「彼は自らの苦しみの実りを見、それを知って満足する。」(11節)と仰せになります。苦しみの実りとは、十字架による罪の救...

  •  -
  •  -

命の終わり そして始まり

No image

マタイによる福音書27章45~56節佐々木良子師 「わが神、わが神、なぜわたしをお見捨てになったのですか」〈46節〉 主イエスは十字架にお架かりになる前に、本来なら私たちが叫ばなくてはならないこの叫びをご自身のこととして、主なる神に嘆き訴えられました。私たちが捨てられないために、私たちの身代わりにイエス・キリストが捨てられました。 私たちは絶望する他ないような時に「神に見捨てられた」と、嘆き恨みをぶつけま...

  •  -
  •  -

愛の迫り

No image

ヨハネによる福音書12章1~8節佐々木良子師 「貧しい人々はいつもあなたがと一緒にいるが、わたしはいつも一緒にいるわけではない。」(9節)十字架の死を目前に主イエスは、後に主イエスを裏切るイスカリオテのユダを初め、神の愛に無理解な人々に対して仰せになったお言葉です。しかし、主イエスのこれから起ころうとしている人々の無理解、悪意、不当な裁判、十字架のために、唯、一人準備していたのがマリアという人物がいま...

  •  -
  •  -

十字架の死に至るまで

No image

フィリピの信徒への手紙2章1~11節佐々木良子師 「キリストは、神の身分でありながら、神と等しい者であることに固執しようとは思わず、かえって自分を無にして、僕の身分になり、人間と同じ者になられました。人間の姿で現れ、へりくだって、死に至るまで、それも十字架の死に至るまで従順でした。」(6~8節) イエス・キリストの謙遜、遜りのお姿です。主イエスのご生涯は徹底した遜った人生でした。その目的は「・・・主は豊...

  •  -
  •  -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。