FC2ブログ

Category2016年度 1/11

スポンサーサイト

No image

  •  -
  •  -

命をかち取りなさい

No image

ルカによる福音書21章7~19節澤田直子師 ルカの福音書21章のほとんどは「終わりの日」について語られています。弟子たちも民衆もエルサレム神殿が崩れるのは世の終わりの時だと信じ込んでいました。しかし、エルサレム神殿はソロモン、ゼルバベル、ヘロデと3回建てられたものです。イエス様と弟子たちが今語らっている神殿も、紀元66~67年にはローマ軍に徹底的に破壊されました。 イエス様が言われた「世の終わりの...

  •  -
  •  -

何を見て生きるか

No image

ルカによる福音書20章9~19節澤田直子師 イザヤ書以降、「ぶどう園」はイスラエル民族を表す言葉とされています。ぶどう園の主人が送り込んだ僕とは旧約聖書の預言者たちを、最後に送った愛する息子はイエス様を表します。 パレスチナでは不在地主の存在は珍しくはなく、実際の労働者に手厚い律法が定められていました。地主は土地の賃貸料ではなく、収穫物の3割程度を取り分としましたから、豊作でも不作でも、収穫を農夫...

  •  -
  •  -

チャレンジャー

No image

ルカによる福音書5章1~11節ケルンボン日本語キリスト教会 佐々木良子牧師 新たな召命を受けて、13年間実家のように慣れ親しんだ小松川教会から、皆さまのお祈りに支えられてドイツの地に赴任して、早いもので1年になろうとしています。ドイツへの派遣自体が大きなチャレンジでしたが、赴任してからは更に「沖に漕ぎ出しなさい」と主に背中を押されています。その事により主が御業をなさっている世界を、見せて頂いている毎日で...

  •  -
  •  -

わたしが選んだ器

No image

使徒言行録25章23~27節澤田 武師主題聖句 『しかし、この者について確実なことは、何も陛下に書き送ることが出来ません。』使徒言行録25章26a節 最近、国宝にも指定されています「曜変天目茶碗」(ようへんてんもくちゃわん)が新たに発見されたとの報道がありました。「器の中に宇宙が見える」と言われる、その深い世界観ゆえに高い価値を持った「器」です。しかし偽物ではないかとの指摘もあります。本物か偽物か...

  •  -
  •  -

イエスが生きている

No image

使徒言行録25章13~22節澤田直子師 ずっと動きのなかった場面に新しい登場人物です。アグリッパ王とその妹ベルニケは、ユダヤの王家の最後の兄妹でした。王の父は使徒言行録12章で『蛆に食い荒らされて死んだ』ヘロデ・アグリッパ、曽祖父がイエス様降誕の際に幼児虐殺令を出したヘロデ王、曽叔父が十字架の時のヘロデ王です。意識はしていなかったかもしれませんが、キリスト教と深い関りがある王でした。しかし王とは名...

  •  -
  •  -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。