2017_03
26
(Sun)10:30

命をかち取りなさい

ルカによる福音書21章7~19節

澤田直子師

 ルカの福音書21章のほとんどは「終わりの日」について語られています。弟子たちも民衆もエルサレム神殿が崩れるのは世の終わりの時だと信じ込んでいました。しかし、エルサレム神殿はソロモン、ゼルバベル、ヘロデと3回建てられたものです。イエス様と弟子たちが今語らっている神殿も、紀元66~67年にはローマ軍に徹底的に破壊されました。

 イエス様が言われた「世の終わりの徴」を読むと、現代に生きる私たちも、これは世の終わりは近いのではないかという気持ちになります。しかしイエス様ははっきりと「すぐには来ない」と言われます。イエス様が弟子たちに教えておきたかったのは、これから「世の終わりではないか」と思うような苦難が来るが、備えは十分になされているのだから大丈夫、ということだったのではないでしょうか。

 天変地異や戦争は恐ろしいものですが、それが必ず世界を、人を破壊して滅亡させるかというと、そうではない。世の終わりの話を、息を詰めて聞いていた弟子たちは、イエス様が捕らえられた時我先に逃げてしまいました。この事実が教えてくれるのは、本物の試練は外側からは来ないという事です。これに対して、私たちの内側、意志や心を揺さぶるのが、真に恐れなければならない試練なのです。イエス様は迫害を 『あなたがたにとって証しをする機会となる』 チャンスである、と言われました。弟子たちはチャンスを捨てて逃げますが、復活のイエス様は再び弟子たちの真ん中に立って、チャンスは一度きりではないことを教えてくださいました。

 『あなたがたの髪の毛一本も決してなくならない』 とは、文字通りの意味ではなく、霊的に滅びるものは何一つないという事でしょう。イエス様は、捕らえられ、裁判にかけられ、叩かれ嘲られながら、何も言わず静かに立っておられました。それは戦いでした。十字架に死んで全ての人の罪を贖うために、イエス様はご自分のためには一切の力を使わず、意志の力を振り絞って忍耐して、ついには命を勝ち取られました。私たちも忍耐によって命を勝ち取りましょう。
スポンサーサイト
2017_03
19
(Sun)10:30

何を見て生きるか

ルカによる福音書20章9~19節

澤田直子師

 イザヤ書以降、「ぶどう園」はイスラエル民族を表す言葉とされています。
ぶどう園の主人が送り込んだ僕とは旧約聖書の預言者たちを、最後に送った愛する息子はイエス様を表します。

 パレスチナでは不在地主の存在は珍しくはなく、実際の労働者に手厚い律法が定められていました。地主は土地の賃貸料ではなく、収穫物の3割程度を取り分としましたから、豊作でも不作でも、収穫を農夫と分け合いました。しかし、収穫物の全てを得たいと願う農夫たちは、主人から送られてくる僕や息子を拒絶します。神の御声を聴かず、聴いても従わないのは創世記以来の人間の姿です。

 ここでもまだ民衆はイエス様に期待し、喜んで話を聞いていますが、数十時間後には「十字架につけろ」と叫びだすのです。『家を建てる者の捨てた石これが隅の親石となった』 とは詩編118編22節の引用です。隅の親石については主に①アーチ門の一番上の石、②大きな建造物の角に使う石、の2説あります。どちらにしても、二方向からの力に耐えうる、傷や割れのない固い石が選ばれます。この世の富、権威を求める者たちが捨てた石がまことの隅の親石となったのです。ダニエル書2章にある、巨大な像の夢を思い起こさせます。

 ぶどう園を預けられた農夫が見ていたのは、自分たちの働きだけでした。律法学者たちが見ていたのは、この世の権威でした。民衆は、自分たちは何もせずに、強大な力でローマから解放してくれる指導者を見ていました。イエス様は何を見ておられたでしょうか。福音書を読めば誰にでもわかることです。イエス様は、いつも、どこでも、弱い者、虐げられた者、貧しい者に目を留められました。そういう人たちこそ、神の国に招き入れられる、と教えてくださいました。

 第一コリント6:19 『知らないのですか。あなたがたの体は、神からいただいた聖霊が宿ってくださる神殿であり、あなたがたはもはや自分自身のものではないのです。』 私たちは神の宮です。その隅の親石から決して目を離さずに歩みましょう。
2017_03
12
(Sun)10:30

チャレンジャー

ルカによる福音書5章1~11節

ケルンボン日本語キリスト教会 佐々木良子牧師

 新たな召命を受けて、13年間実家のように慣れ親しんだ小松川教会から、皆さまのお祈りに支えられてドイツの地に赴任して、早いもので1年になろうとしています。ドイツへの派遣自体が大きなチャレンジでしたが、赴任してからは更に「沖に漕ぎ出しなさい」と主に背中を押されています。その事により主が御業をなさっている世界を、見せて頂いている毎日です。常識の限界、そして自分の限界が引き上げられ、信仰が新たにされ深められる幸いに感謝しています。

 本日はペトロを通して、沖へ漕ぎ出すことの幸いを共に学びたいと思います。ペトロたちは夜通し網を降ろしていましたが、収穫はありませんでした。そこで主はペトロに「沖に漕ぎ出して網を降ろし、漁をしなさい」(4節)と、呼びかけられました。そうして「・・・しかし、お言葉ですから」と、従った結果「・・・おびただしい魚がかかり、網が破れそうになった。」(6節)と、記されています。

 そこには他の漁師たちもいましたが、主が声をかけられたのは先ずペトロです。主は具体的なことは語らず、今の場所から離れて網をおろしなさい、と仰せになっただけです。ペトロは先ず、この方にかけて従ってみようと一歩踏み出した結果、舟が沈みそうになる程の収穫を得ることができました。プロの漁師たちの経験からしてみれば到底あり得ない結果でした。

 しかし、主は人の価値観を破るお方です。そうでなければ、私たちの信仰の歩みは当にどこかで終わっています。主が書き換えてくださった人生設計へ方向転換していく時に、豊かな深みの世界へと広がっていくのが信仰生活の醍醐味と言えます。キリスト教は「この世の非常識が常識」と言われているように、正に主にある非常識を逸脱した世界が信仰の世界ですから、大いなる希望と期待をもつことができるのです。限界を覚えた所がチャレンジャーとしての新たな出発点となり、こうして何度もチャレンジしながら、私たちの信仰は育まれているのです。

 その後主は「恐れることはない。今から後、あなたは人間をとる漁師になる」(10節)と宣言されています。私たちが努力してなるのではなく、主がそのようにしてくださるという確固たる約束です。主の為に用いられるということは、自力でできるものではありません。全面的信頼を置いて従って行った時に主がその働きを助けてくださいます。私たちは遣わされている場は違いますが、それぞれの場においてチャレンジャーとして一筋の導きの光を求めていきたいものです。
2017_03
05
(Sun)10:30

わたしが選んだ器

使徒言行録25章23~27節

澤田 武師

主題聖句 『しかし、この者について確実なことは、何も陛下に書き送ることが出来ません。』
使徒言行録25章26a節

 最近、国宝にも指定されています「曜変天目茶碗」(ようへんてんもくちゃわん)が新たに発見されたとの報道がありました。「器の中に宇宙が見える」と言われる、その深い世界観ゆえに高い価値を持った「器」です。しかし偽物ではないかとの指摘もあります。本物か偽物か、それぞれは「真実」を主張していますが、「事実」としては一つ「器」がここにあるということです。

 聖書には「器」という言葉が結構多く使われています。わたしたちは神様に作られた、間違いなく世界で一つのオリジナルな「器」です。イエス様を一番宣べ伝えた人物パウロは、イエス様に一番用いられた「器」、これは事実です。

 フェストゥスは、パウロがローマでの裁判を望んでいることに「戸惑い」を感じています。上級裁判に送るのには罪状が必要だったからです。フェストゥスはアグリッパ王を利用してパウロの罪状を求めようとしました。

 彼には分りませんが、この出会いこそは、イエス様が「あの者は、異邦人や王たち、またイスラエルの子らにわたしの名を伝えるために、わたしが選んだ器である。」(使徒9:15)と語られた御言葉の成就です。さらに「ローマでも証をしなければならない」(使徒23:11)パウロは伝道に用いられた「器」であるとの神の決意が示されたものです。

 神様はイエス様を飼葉桶の中に生まれさせてくださいました。飼葉桶は、子どもを寝かす「器」ではありませんが、神様はあえて用いられました。

 イエス様がかけられた十字架は、人の命を奪う「道具」であって、「罪の赦しと永遠の命」を表すものではありませんでした。しかし、神様はこれらを用いて、福音を表してくださいました。これが事実です。

 私たちは神様が作ってくださった「器」です。「復活」を信じる者として作り変えてくださった。私たち自身には何の価値もありませんが、私たちが神様に用いられた時、私たちは「高価で貴い器」となることが出来ます。これも事実です。