2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
福音の鎖につながれて
2017/07/09(Sun)

使徒言行録28章17~22節

澤田 武師

主題聖句 「イスラエルが希望していることのために、わたしはこのように鎖でつながれているのです。」 28章20b節

 何度も訪問を願いながら実現できなかったローマに、パウロはついに立ちました。それは不思議な導き、備えでした。ローマへの最後の航海は、ローマ帝国の権力と威信によって実現されました。また、未決囚としては自分で家を借りて一人住み、訪問客も許されるという異例の待遇が与えられていました。この背後には裁判のために送られたユダヤ総督フェストゥスの手紙や、百人隊長ユリウスの報告を、聖霊が用いてローマの制度を変えてしまうほどに働かれたともいえます。

 パウロは早速「おもだったユダヤ人」を自宅に招き、「イスラエルが希望していることのために、わたしはこのように鎖につながれているのです。」と自分の存在を証詞します。

 パウロの生涯はイエス様の奴隷として、イエス様につながった歩みでした。そして、今は誰の目にもわかる、ローマによって「鎖」につながれています。

 パウロはユダヤ人に、神が旧約聖書の預言者たちに約束された希望の内容は、ナザレの人イエスにおいて実現した。あなたたちも、イエス様を信じてつながりなさいと勧めます。

 パウロは「鎖」につながれている姿で、彼らに会いました。それは決して喜ばしい、誰もがなりたいと願う姿ではありません。

 しかし、それが聖霊の働きであれば、その姿こそが、福音を伝える者としての証です。信仰の戦いから一歩も引かないで、留まり続けた者の証です。福音の鎖につながれている者、その先にはイエス様が居られます。どこへ行く時でもイエス様は伴ってくださるという、何よりの証です。

「勇気を出せ。エルサレムでわたしのことを力強く証ししたように、ローマでも証しをしなければならない。」パウロは御言葉に従っています。

「わたしは、あなたたちのために立てた計画をよく心に留めている、と主は言われる。それは平和の計画であって、災いの計画ではない。将来と希望を与えるものである。」不思議な導きの中に神の計画は進みます。
スポンサーサイト
この記事のURL | 2017年度 | ▲ top
| メイン |