2017_08
13
(Sun)10:30

勝利を得る者

ヨハネの黙示録21章3~7節

澤田 武師

主題聖句 「すると、玉座に座っておられる方が、『見よ、わたしは万物を新しくする』と言い、また、『書き記せ。これらの言葉は信頼でき、また真実である』と言われた。」 ヨハネの黙示録21書5節

 ヨハネは何を「見よ」と言われたのか。それは、今までヨハネが見て来た世界とは異なり、神様と人間が共に住み、神様と人間の交わりが回復された世界です。イエス・キリストにより罪に覆われていた世界が去り、新しく現る世界です。その時にはイエス様が再び来られる。これが「再臨」の希望です。

 ヨハネは語りかける声を聞きます。新しい世界には、もはや死はなく、悲しみも嘆きも労苦もない。神様は慰め主として、すべてを拭い去ってくださる。最後の敵である「死」さえも、拭い去られます。死はアダムの罪の結果として、人間に課されたものでしたが、この問題も今や完全に解決されました。

 天地創造の初めには、死も悲しみも嘆きも労苦もありませんでした。神様はこれらを創造されませんでした。原罪は神様の思いから人間を引き離しましたが、その関係は元へ戻る。神様が再び創造される時が、救いの完成の時です。

 再創造について、神様は「万物を新たにする」とヨハネに語りかけます。すべてが変わる。世界もそこに生かされるものも、そのすべてが新しく変えられます。そしてこれこそは「信頼できる事実である」から「書き記せ」と、命じられます。希望の命令です。神の愛により頼む者はすべて「勝利を得る者」として神様からの栄光を受けて、完全勝利を収める者となります。

 「再臨」は明日来るかもしれません。私たちが地上で生きている間には来ないかもしれません。それは誰にも分かりません。聖書にも書かれている通り、神様だけが決めておられる時だからです。だから待たなくても、だから考えなくてもよい、ということではありません。「再臨」の恵みによって、神様は私たちに永遠を想う心を与えてくださいました。この永遠を信じて、多くの者が既に天に帰りました。永遠を待ち、永遠を信じて地上の働きを終える、それは希望の生涯ではないでしょうか。私たちも書き記しましょう。私たちの信仰を。生かされている喜びを。
スポンサーサイト
2017_08
06
(Sun)10:30

神の癒し

エレミヤ書17章5章14~18節

澤田 武師

主題聖句  「主よ、あなたがいやしてくださるなら わたしはいやされます。」  エレミヤ書17章14a節

 「四重の福音」その三番目の「神癒」とは、「神様が私たちの病を癒してくださる」ということです。

 聖書は旧新約問わず、魂の問題と同時に、私たちの肉なる「存在」、この「からだ」と「こころ」をもって、「日々の生活」をしている私たちそのものにも関心があることを記しています。

 私たちは日々苦しみを感じて生きています。その中でも病気は、風邪程度のことであったとしても、体にも心にも痛み苦しみを感じさせるものです。聖書には病気の癒しという記事が多数記されています。今も昔も病気が人々を苦しめるものであることが示されています。

 イエス様の十字架と復活によって、人の罪は赦されます。これが福音であり神様の救いですが、それは心の問題だけでなく、人の全体に関係します。イエス様は奇跡として体の癒し、心の癒しをされました。その御業は私たちの祈りによって、今も私たちの日常の中で、体験される出来事となっています。

 また「神癒」は神様の恵みと憐みによって、私たちに健康な体と魂を与えてくださることであるとも言えます。

 私たちは弱さをもっています。体の弱さ、心の弱さ。それは悪いだけのことではありません。日々健康である、その恵みの姿を改めて知るとのできるのは私たちが弱くなった時です。その弱さの中に、神様は「癒しの御手」を伸ばしてくださいます。私たちの弱さはそこに神様の癒し、そして、そこに生かされている「私の存在」の意味を、改めて教えてくださるということです。

 エレミヤは、「神様が癒してくださるならば、神様が救ってくださるならば」と、神様の言葉にすべてを委ねます。エレミヤを嘲る者からの言葉は、エレミヤを縛り続ける苦悩の痛みとなり、それは迫害の傷であり、心の痛みでもあります。それでも「あなたは避けどころ」とエレミヤは最後まで訴えます。

 この世も病んでいます。そこにも「癒し」の御手は伸ばされています。