2011_01
09
(Sun)03:54

褒めたたえよ 

エフェソの信徒への手紙1章1~14節


 「わたしたちはこの御子において、その血によって贖なわれ、罪を赦されました。これは神の豊かな恵みによるものです。」(7節)罪から救われたとは、自分の正しさや努力によるものではなく、全く神の恵みのみです。主イエスを代償として罪の奴隷から無償で買い取られたこの命はキリストの命に値する尊いかけがいのないもので、保証として聖霊の証印を押され、神を称える者として新しくさせて頂けます(13,14節)。

 「天地創造の前に、神はわたしたちを愛して、御自分の前で聖なる者、汚れのない者にしようと、キリストにおいてお選びになりました。・・・御心のままに前もつて」(4~5節)と、思いつきではなく私達が生まれる遥か以前より神のご計画の内に、キリストの十字架によって救われました。旧約の預言者イザヤやエレミヤは「母の胎に形造られる以前から」と語っていますように、神の深い愛のご計画の内にありました。

 1~14節には「褒め称える」という言葉が繰り返されています。罪ばかり重ねて救われるに値しないような者にも関わらず、キリストによってあらゆる視福で満たされる人間とさせて頂いているのですから、神を喜び賛美するのは自然な事であり、神もその事を望んでおられます。救われた者としての神とのあるべき関係です。「主を賛美するために神の民は創造された」(詩編102:19)と記されている所以です。

 しかし、「同じ口から賛美と呪いが出て来るのです。」(ヤコプ3:10)とあります。主イエスのご降誕の時、ヘロデ王は自分の身を守る為に怯えと猜疑心に苛まれ、神を喜ぶ事はできませんでした。神を脇に追いやる時、救い主イエス・キリストを与えてくださった神の御心と恵みを知る事はできません。神を中心として自分を脇に置いた時、初めて神の深い恵みを感謝し賛美できる者とさせて頂けます。神の恵みは尽きる事なく与え続けられ、賛美しながら歩む私達です。「驚くばかりの恵みなりき・・・」正に日々、アメージンググレイスです。
スポンサーサイト