2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
極上の癒し
2012/01/29(Sun)

マルコによる福音書2章1~12節



 主イエスによる病人の癒しの記事が続いていますが、その目的は単なる癒しではなく、神の深い御思いが現されております。本日の箇所は癒しを求めに来た人々に対して、主イエスは「あなたの罪は赦される」(5節)と、罪の赦しの宣言をされました(5節)。私達が先ず求めなくてはならない事は、現在の目に見える問題の解決ではなく、罪の赦しが最も重要である事を示しています。

 病は人を縛り付け苦しみを伴いますが、「罪」とは、罪の自覚のない人は痛みを感じませんから罪の赦しを求めようとしません。しかし「罪が支払う報酬は死です。」(ロマ6:23)と、罪の赦しのない所は滅びの道、死しかないと断言しています。罪の重荷に抑えられた私達はここに記されている足腰の立たない病人のようなもので、罪という病に縛られている姿と言っても良いと思います。

 罪の結果、私達は誰もが死を通らなくてはなりませんが、その事に対してどうしようもない憤りを覚えられたのが、主イエスです(ヨハネ11:33~35)。ご自身の命を十字架につける迄、罪人である私達を愛しておられる主イエスの切実な願いは、全ての人が罪から救われ、永遠の命を得て天国に行く事です。「罪の赦しのあるところ、そこに命と祝福がある」と宗教改革者ルターが語っている如く、罪の赦しは人間にとって何よりも替え難い極上の癒しです。

 罪の赦しは神の恵みによって無条件に誰にでも与えられるものですから、「主イエスの十字架によって赦されて祝福された者」と、確信をもって感謝して歩む事が私達の本来の姿です。全ては罪の救いからスタートしていきます。天国行きの切符を頂くなら、病人の方であろうと全ての人が神に向かって積極的な生き方に変えられて行きます。「罪赦されて天国行きの切符を頂き祝福の中を生きて行くか、何の保証もない滅びの道を生きていくか」あなたはどちらを選ぶか、と神は問うておられます。病が癒されないで天国に行く方もおられますが、「その人は起き上がり、すぐに床を担いで、皆の見ている前を出て行った。」(12節)の如く、死を越えた永遠の命を頂いて天国に向けて出発していきます。

 ここに記されている4人の男達の何としても病の男を「主イエスの元に連れていきたい」という熱心さが主イエスの心を動かされました(5節)。私達は無力ですが、まだ神を知らないで死に向かって滅びの道を歩んでいる人々を神の元へとお連れする事はできます。その場が教会です。今日も罪の赦しの宣言、極上の癒しを主イエスは与えたいと、祝福する人を待っておられます。
スポンサーサイト
この記事のURL | 2011年度 | ▲ top
| メイン |