2012_04
22
(Sun)10:30

心の目が開かれて

ルカによる福音書24章28~35節



 クリスチャンの信仰は、主イエスの復活の上に築かれる希望です。キリスト教で最初の殉教者であるステファノを初め、日本の殉教者達を見ましても、激しい迫害の中で命が失われても、復活の希望に生きる素晴らしさを証しされた方々から、生きた信仰を教えられます。この地上での私達は様々な嵐の中で、視界を失うような試練が襲ってきますが、復活の希望の信仰に立っているなら、大嵐が襲ってこようとも動揺する事はありません。

 二人の弟子達は主イエスのご復活が分からず、弟子という歩みを捨ててエルサレムから離れ、失意と当惑の中、エマオへと向かっていました(13~17節)。この歩みは神から離れる一歩一歩です。「二人の目は遮られていて」(16節)、と主イエスの姿が見えなくなった途端に不信仰に陥ってしまったのです。しかし、救いの道を開かす為に、主イエス御自身が自ら近づいて、聖書を解き明かされ(27節)、聖餐の恵みを与えてくださいました(30節)。

 「すると、二人の目が開け、イエスだと分かったが、その姿は見えなくなった。」(31節)。信仰の目が遮られて心が閉ざされている時にも、主イエスは既に共に歩んでくださっております。主イエスは99匹を野に置いて迷った一匹を求めて捜し出してくださいます。迷った小羊が岩陰で泣いている時、一緒に涙を流しつつ尋ねてくださる、主イエスの憐れみと愛がそこにあります。復活の主イエスが見えるか、否かは問題ではありません。「信仰とは、望んでいる事柄を確信し、見えない事実を確認することです。」(へブル11:1)既に注がれている神の愛、憐れみを確信し、共に歩んでくださっている事を確認する事が重要です。
そうして彼らは心の目が開かれ「一緒にお泊りください。そろそろ夕方になりますし、もう日も傾いていますから」(29節)と、主イエスを無理に引き留めていますが、「私の心の中に宿ってください」という祈りです。今の時代も混乱は止む事なく、夕暮れの色は濃く陽は傾いています。今こそ私達もご復活の主イエスが心の中に宿って頂いて、そこから希望の光を見出す時です。

 弟子達の心に宿ってくださり、主イエスの祝福が彼らの心の目を、主イエスのお言葉が彼らの耳を開かせてくださり、エマオの途上にいる彼らを呼び帰されました。暗く沈んでいた彼らは「心が燃え」(32節)、エマオの道から又、エルサレムへの道へとUターンし、今度こそ復活の主の希望の道を歩み出しました。私達も心の目が開かれ、復活信仰に心燃やされる信仰者でありたいです。
スポンサーサイト