死は勝利にのみ込まれた
2013/03/31(Sun)

コリントの信徒への手紙一15章50~58節



 15章ではイエス・キリストを信じる信仰者たちが、この世の終りの日・主イエスの再臨の時に復活して、新しい体・霊の体を与えられるという、信仰における究極的な希望が記されています。希望の根拠・保証はイエス・キリストのご復活です。主イエスは死ぬべき罪びとである私達の罪を背負って、十字架に架かって死んでくださいましたが復活され、私達の終わりの日に、神が私たちにも新しい復活の命と体を与えてくださる、という約束のしるしです。

 「死のとげは罪であり・・・わたしたちの主イエス・キリストによってわたしたちに勝利を賜る神に感謝しよう」(56~57節)キリストの勝利は、私達の為の復活です。故に私達もこの肉体の死を越えて神の恵みによって生かされる新しい体・命を与えられるという希望に生きる事ができるようになりました。

 新しい体については「わたしはあなたがたに神秘を告げる」(51節)とあります。神秘とは、人間の知恵・普通の認識や理論を越えたという意味で、復活について理解できるのは信仰によってのみです。復活についての理解は困難を覚え、コリントの教会の中にも死者の復活はない、と主張する人々がいましたが「復活を信じないなら信仰は無駄である。」(15:2~)と、言い切っています。

 信仰の世界は理解できて信じるものではなく、信じる事によって理解していくものです。そうして信じていくうちに徐々に目が開かれて分かっていくのです。信仰とは自分自身の生き方の転換でもあり、決断でもあります。

 さて、全ての人は死を迎えますが、キリスト者は復活されたキリストの御体・霊の体が与えられるという約束です。それは今の体が再び息を吹き返す事ではなく(5:14)、「死んでも生きる命、永遠の命」です。言い換えるならば復活の命は、私達がこの世の命を終えて、死ななくては頂く事ができません。「死」は決して恐ろしい事ではなく、むしろ希望であって、永遠の希望の通過点です。ですから「死んだら生きる」と、死に対して大胆に積極的に向き合う歩みが信仰者の本来の歩みではないでしょうか。神の憐れみによって、肉体の死を越えた所の新しい永遠の希望に向かって歩む事が許されている私達です。

 「動かされないようにしっかり立ち、主の業に励みなさい。主に結ばれているならば自分たちの労苦が決して無駄にならない…」(58節)この世での苦難は永遠の命へと繋がり、涙を流した分だけ報われて天国に繋がる恵みです。ですから、この命が朽ちて死を迎えるまで喜んで主の業に励んでいけるのです。
スポンサーサイト
この記事のURL | 2012年度 | ▲ top
| メイン |