2013_04
28
(Sun)10:30

目の中の丸太

ルカによる福音書6章39~42節



 あなたはどんな人生を歩んでおられるか。ヨハネ17:3のように、神に出会い、神を知り、神を愛し、神に依り頼み、神の愛に満たされ、祝福された人生を歩み、天の御国に入ること、これ以外に有益な人生など有り得ない。真っ暗闇の世の中を歩む私たちは大凡全員が霊的盲目者であり、正しい霊的指導者が必要だが、多くの人はこれに気付かない。39節のような霊的盲目者に導かれれば、私たちは僅かな凸凹にも躓き、一瞬のうちに永遠の滅びへ転落するのである。マタ15:14で主はファリサイ派を霊的盲目者と評された。今朝主イエスは、目の中に塵一粒入っただけで痛いはずだが目の中の丸太にも気付かず、視界を遮られた目で兄弟の目から小さなおが屑を取ろうとする愚かで滑稽な人物の譬えを通して、後に原始教会の指導者となる十二使徒や弟子たち、信徒となるおびただしい民衆、そして今朝の礼拝に集う私たちを「あなた」と呼ばれ、全員が霊的盲目者であると仰った。凡そどの教会にも自分の大きな過ちに気付かず、正当性を主張し、重箱の隅を突くように他者の小さな過ちを指摘し、批判し、バッサリと切り捨てる人がおられる。ところがロマ3:10のように私たちは全員罪人である。キリスト者でありながら大小様々な罪を繰り返し、他者の僅かな過ちに極めて敏感に反応しつつ、自分の罪には恐ろしく鈍感である。万一悔い改めることなく、聞く耳に心地よい大義名分を並べ立て、自分の罪を見逃し続ければ、罪悪感や自責の念は失われ、罪に無感覚な霊的盲目者となる。いや既にそうだと主は仰る。真に真に私たちは全員が霊的盲目者であり、正しい霊的指導者が必要なのである。全き霊的指導者とは誰か。全き霊的指導者とは主イエス・キリストである。40節の「修行を積めば」とは「神の御前に正しく整えられれば」の意であり、主によって神の御前へと導かれる時、私たちは整えられ、主と同じくらい霊的で正しい導き手へと変えて頂けるのである。

 どうぞ今朝、主イエス・キリストを全き霊的指導者と仰ぎ、主を心の内にお迎えし、主の御言葉に従うことを最大の喜びとする者へと変えて頂こう。世にある様々な快楽や欲望など全てを自我と共に投げ捨てて、主に導かれ、常に父なる神の御前に聖なる者へと整えて頂こう。私たちの霊の目が開かれる時、私たちは罪深く愛に乏しい者であることを知り、謙虚に兄弟姉妹の罪をお知らせし主の道へとお導きする小さき者へと変えて頂けるのである。ハレルヤ!主に感謝。主に祈り乞い願おう。永遠に皆様に主の平安がありますように。在主





 
スポンサーサイト