2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
喜びの教会
2013/05/26(Sun)

使徒言行録2章40~47節



 「毎日ひたすら心を一つにして神殿に参り、家ごとに集まってパンを裂き、喜びと真心をもって一緒に食事をし、神を賛美していたので、民衆全体から好意を寄せされた。こうして、主は救われる人々を日々仲間に加え一つにされたのである。」(46~47節)初代教会の喜びが記されています。そこにあるのは特別な事ではなく、礼拝をお献げし、主の晩餐を記念する群の姿です。

 ペンテコステの日にペトロによって語られた説教によって、多くの人々が福音を喜び次々とクリスチャンの群に加わっていきました。そこで行った事は「使徒の教え=福音を聞く」「相互の交わり」「パンを裂くこと=聖餐式」「祈り」に熱心だったと記されています(42節)。

 福音を聞くとは、主イエスの十字架と復活の証言を聞くことです。罪は自分の力ではどうにも解決できない人生の問題ですが、主イエスが私の身代わりとなって十字架にお架かりになった事により罪から救われ、更に主イエスのご復活によって私達は天の御国へと続く永遠の命が与えられました。私達に為された最大の奇跡です。この奇跡を日々熱心に何度もお聴きすることにより、自分は罪から救われた確信がいよいよ自分のものとなり、生きる希望が与えられ喜びとなっていったのです。そうして教会は勢いよく拡大されていきました。教会の使命は歴史を刻む事ではなく、罪の赦しと復活の命の希望を宣べ伝える為に前進していく群です。このことを大切に慈しみ、喜び感謝していたのが初代教会の人々です。

 罪の救いと復活の宣言は教会でしかできない事です。教会だからこそ、大胆に宣言できるのです。目に見える希望はやがて消えていきます。「希望」はキリストの復活に基づかない限り、どのようなものであれいつしか消えてなくなります。(Ⅱコリント4:18)復活の希望こそ、私達の全ての希望の基です。

 現代の私達の教会も、世界中の教会も2000年以上変わらず同じように祈りの中に神の御業が進められています。私達の信じるイエス・キリストは十字架において死なれましたが、復活され今も生き続けて、この世界を導いておられます。「さて、あなたがたは、キリストと共に復活させられたのですから、上にあるものを求めなさい。上にあるものに心を留め、地上のものに心を引かれないようにしなさい・・・あなたがたも、キリストと共に栄光に包まれて現れるでしょう。」(コロサイ3:1~4)初代教会の喜びと栄光は今も続いています。
スポンサーサイト
この記事のURL | 2013年度 | ▲ top
| メイン |