2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
万事が益となるように共に働く
2013/09/29(Sun)

ローマの信徒への手紙8章28~30節



 「神を愛する者たち、つまり、御計画に従って召された者たちには、万事が益となるように共に働くということを、わたしたちは知っています」(28節)

 長年の祈りの課題だったパイプオルガンが、この度設置され感謝いたします。この御言葉の如く、神は全てを良きに導いてくださいました。

 しかし、この御言葉の真意はその後に続く聖句が示しています。神はキリスト者の熱心な思いに応えてくださり、全ての事を良きにしてくださるといった私達の思いの範疇にあるお方ではありません。私達が祈り求める遥か古の昔から、神の救いの完成という永遠に絶大な目標が計画されているのです。ですから私達は設置された喜びで終わるのではなく、その先にある神の栄光の目的を知り、お従いしていく事が求められています。

 その御計画は「・・・あらかじめ定められました。」と、29,30節に繰り返し述べられています。神は先ず御子イエス・キリストを選ばれ、次に罪びとである私達の罪を赦し、主イエスの兄弟としてくださる特権を既に与えて救ってくださいました。その最終目的は「・・・栄光をお与えになったのです。」(30節)と、イエス・キリストを信じる者は既にキリストの栄光を着せて頂いていており、いよいよ主イエスと同じ姿となって救いの完成へと導かれる為です。キリストの似姿とは、ご自身を無にし、僕の姿として十字架の死に至るまで謙遜に神に仕えられた従順さです。(フィリピ2:6~11)これがキリスト者のゴールで、このことを私達に求めておられます。ですから、主イエスの如くに神にお仕えしている限り、神は私達を決してお見捨てにならず、顧みて関わってくださいます。そして栄光から栄光へとキリストの姿へと変えられていきます。

 「何事にも時があり、天の下の出来事にはすべて定められた時がある・・・人間が神を畏れ敬うように定められた。」(コヘレト3:1~14抜粋)私達が神を信じる前から神は愛してくださっています。そして全てが神の主権の元に先行の恵みとして備えられています。今、小松川教会はパイプオルガンを通して神の時に神のご計画が成され、愛なる神と出会い、生ける神の恵みに触れ、その偉大さに驚き、畏敬の念を抱いています。このように栄光への道のりを歩ませて頂いていますから、従順にお従いし救いの完成へと神と共に歩いて行くのみです。

2013年9月29日礼拝説教(mp3)
スポンサーサイト
この記事のURL | 2013年度 | ▲ top
| メイン |