どこに教会をたてるのか
2013/11/24(Sun)

マタイによる福音書16章13~20節
山下泰嗣牧師(江戸川松江教会)



 「あなたはペトロ。わたしはこの岩の上にわたしの教会を建てる。」主イエスは、弟子のシモンを「ペトロ=岩」とお呼びになり、「この岩の上にわたしの教会を建てる。」とおっしゃいました。この主イエスのお言葉は、ペトロの「あなたはメシア、生ける神の子です」という信仰告白を受けての言葉であります。ですから、主イエスが「わたしの教会を建てる」とおっしゃったのは、単に「ペトロという人間」にではなく「信仰告白をしたペトロ」の上に建てるということであります。さらに言いかえると、ペトロだけではなく、「信仰告白をした人々」の上に、「信仰告白」の上に主イエスは教会を建てられるのです。

 しかし、主イエスはこの後,ご自分がメシアであることを誰にも話さないように命じておられます。これは、ペトロの信仰告白が、正しいけれども間違えているからです。主イエスがメシアであることは正しいけれども、ペトロや当時のユダヤ人が考えていた、ローマを倒してイスラエルの国を建てるという政治的なメシアの姿が間違いなのです。

 まことのメシアとは、多くの苦しみを受け、十字架の上で死に、三日目に復活するお方です。そして、このお方をメシア・神の子・わたしの救い主と告白する信仰告白の上に、教会は建てられるのです。そして、信仰告白の上に教会が建てられるからこそ、「陰府の力もこれに対抗できない」のです。確かに、陰府の力=死の力は強大です。すべての人が、この力に対抗できず、死を経験します。しかし、死と復活を経験された主イエスを、救い主と告白する私たちにとって、死は新たなる永遠の命への通過点にすぎなくなります。そして、主イエスを神と告白する信仰の上に建つ教会は、陰府の力を恐れる必要がなくなり、死を超えた復活の希望に生きることができるようになるのです。

 「どこに教会を建てるのか」それは、私たちの信仰の上に建てるのです。牧師や役員の信仰ではなく、私たちの上に教会が建てられ、私が教会を支えるのです。ペトロのように、信仰が揺らぎ、間違いを犯す私たちですが、岩として教会を支えることができるように、まず、主イエスが私たちの土台となって、支えてくださっています。だから、私たちは、一人一人が教会を支える大切な「岩」であり、また、その「岩」を絶やすことのないように、全員で伝道する必要があるのです。私に教会を建てる。その思いをもって歩んで参りましょう。
スポンサーサイト
この記事のURL | 2013年度 | ▲ top
| メイン |