2014_12
28
(Sun)10:30

年末感謝礼拝 「祈り続けて、求め続けて」 

エフェソの信徒への手紙4章12~15節

佐々木良子牧師

 「ついには、わたしたちは皆、神の子に対する信仰と知識において一つのものとなり、成熟した人間になり、キリストの満ちあふれる豊かになるまで成長するのです。」(13節)今年は、一人一人の成長が教会の成長であると信じ祈りの内にこの御言葉が教会に与えられ導かれて参りました。2014年を振り返りながら再度、御言葉に思いを寄せて参ります。

 私たちは神の一方的な憐みにより選ばれて教会に集められています。ですから教会は人間の都合によって生まれたものではなく、イエス・キリストの救いの御業が全世界に広がり、全ての人を救いへと導くために神が建ててくださいました。神が与えようとしている救いは、私たち一人一人の個人に留まるものではなく、キリストに繋がり永遠の命の約束に生きる者として同時に教会を建て上げていく事を望んでおられます。

 そのためには単に仲が良いという事ではなく、救い主イエス・キリストとの関係において一つとなる事で、キリストによる救いの喜びと感謝の中にある聖徒の交わりによってです。キリストを愛するが故に、教会を愛し、喜んでキリストに仕えて教会を建て上げていきます(14~16節)。ですから、教会を建て上げていかなくてはならない、という努力ではなく、私たちの内側から溢れてくる感謝の形として、神の愛の結晶として教会は建てあがっていきます。今年1年間も教会の皆さまの心からのご奉仕によって教会の業が為されてきた事は主なる神が喜んでおられる事でしょう。

 この手紙を記したパウロという伝道者は牢獄の中にあっても神を「賛美」し、キリストを証し、最期まで喜びに溢れて伝道しました。信仰者はどのような過酷な状況にあっても、目の前にいる人がこの私に何をしたのかではなく「神がこの私に何をしてくださったか」という事に向き合い、神を褒め称えて生きる者です。このように信仰が成長するとは、何か立派な事ができるようになって人の役に立つかという事ではなく、イエス・キリストの十字架と復活の恵みに感謝し、神の愛に喜んでお応えしてくかという事です。

 教会がキリストの体として、一人の成熟した人間の人格を現すように、神の愛を知っている私たちも、新しい年も更にキリストの満ち溢れる豊かな教会として成長を目指して歩んで参りたいです。
スポンサーサイト