2015_01
25
(Sun)10:30

罪が消し去られる

使徒言行録3章14~16節

佐々木良子牧師

 「だから、自分の罪が消し去られるように、悔い改めて立ち帰りなさい」(19節)私たちに呼びかける神の御声で、聖書全体に貫かれているお言葉です。

 人間の歴史は罪の連続と言われています。その最たるものは命の導き手であるイエス・キリストを十字架につけたことです(13~15節)。神は正しいお方ですから、罪を罪としてそのままにはしておかれず、「消し去られるように神を求めよ」と命じておられます。言い換えれば、悔い改めさえすれば罪を消して頂く事ができますが、悔い改めなければ罪は消されないということもできます。消し去るとは「無効にする、なかったことにする」という事で、神の前にある罪の記録を白紙にしてくださいます。その目的は又主イエスがこの世においでになられた時=再臨の時のためです(20節)。

 「・・・地上のすべての民族は、あなたから生まれる者によって祝福を受ける・・・あなたがた一人一人を悪から離れさせ、その祝福にあずからせるためでした。」(25節) その為に神はイスラエルの人々を特別な立場に置き、彼らを通して諸国民に祝福をもたらそうとされました。神は先祖アブラハムと結んだ契約の祝福は、彼らを通して大きな責任と特権が与えられていたのです。そして、今、私たちがその祝福の源となるように神は望んでおられます。

 「主はこう言われる。わたしは恵みの時にあなたに答え、救いの日にあなたを助けた。わたしはあなたを形作り、あなたを立てて、民の契約とし、国を再興して荒廃した嗣業の地を継がせる。」(イザヤ49:8節)罪赦されて今あるのは、私たち自身が祝福の源となって救いの道を示すためです。信仰とは個人に留まるものではなく、全人類がその祝福に与るために、先ず私たちが救われたのです。主なる神の目的に心を向けていくとき、神がこの私が祝福の源とさせてくださる事に感謝できる者へと変えさせて頂き、主イエスのお役に立ちたいと仕えるものとさせて頂けます。

 主イエスが十字架にお架かりになった時「父よ、彼らをお赦しください。自分が何をしているのか知らないのです。」(ルカ23:34)と執り成しの祈りを奉げられましたが、今もこの邪悪な暗闇の世界を救いたいと、罪びとの為に執成しておられます。神の御業は人間が神に従い、自ら一歩踏み出していく時に現れます。今こそ全世界の罪が消し去られるように祝福の源とさせて頂く時です。
スポンサーサイト