2017 / 05
≪ 2017 / 04 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2017 / 06 ≫

ルカによる福音書23章32~43節

佐々木良子牧師

 「我々は、自分のやったことの報いを受けているのだから、当然だ。しかし、この方は何も悪いことをしていない。…イエスよ、あなたの御国においでになるときには、わたしを思い出してください」(41~42節)イエス・キリストと共に十字架につけられた犯罪人の告白です。

 今迄誰よりも神から遠く離れていたこの犯罪人が、誰よりも一番近い場所、それも、主イエスの隣の十字架の上に身を置きながら「父よ、彼らをお赦しください。自分が何をしているのか知らないのです。」(34節)との主イエスの執り成しの祈りを自分への祈りとして聞いたのです。

 更にそこで見たのは、罪なき神の御子であられる主イエスがご自身の命を惜しまれず十字架上で身を裂き、血を流しながら罪人を救おうとなさっているお姿でした。この事を通していち早く十字架を理解できる者へと変えさせて頂いたのです。自分のことしか見ることができなかった犯罪人が、主イエスの忍耐と神の愛を見た瞬間です。

 主イエスを民衆は嘲笑い、侮辱し、罵り、唾を吐き続けて十字架につけましたがその民衆が勝利したのではなく、神の御心が勝利したのです。罪人を愛し、十字架によって救う神の御心です。神の御心は十字架につけられた者の上にも及ぶのです。

 そのような彼に主イエスは「あなたは今日わたしと一緒に楽園にいる。」(43節)と約束されました。「イエス」という名の意味は「神は我々と共におられる」と、記されています(マタイ1:23)。主イエスご自身が十字架にお架かかりになりながら、そのお名前の如く最期まで犯罪人と共にいてくださり、その使命を果たされました。裁きの十字架はこの罪人にとって、その時に楽園へと既に変えられました。

 主イエスの十字架は、このように悔い改めた犯罪人と、罪の赦しを最期まで自分の事として体験する事ができなかったもう一人の犯罪人の真ん中に立てられていました。主イエスの十字架は私たちに向けられた神の愛です。私たちがどんなに拒んでも私たちへの愛は滅びることはありません。神の愛と主イエスの忍耐に応えるもう一本の十字架と、拒むもう一本の十字架、この3本の十字架は永遠に私たちの心に刻み付けられていきます。
スポンサーサイト

小松川教会HP委員会

Author:小松川教会HP委員会

小松川教会は、「聖書は神の言葉、全人類にとっての救いの言葉」と信じる健全な聖書信仰に立つプロテスタント教会であり、全国に約1700余教会ある日本基督教団に属しています。
モルモン教、ものみの塔、統一教会とは一切関係ありません。
澤田武主任牧師

澤田武主任牧師


澤田武主任牧師


澤田直子牧師