2015_04
26
(Sun)10:30

恵みと力に満たされた人

使徒言行録6章8~15節

佐々木良子牧師


 「あなたがたの上に聖霊が降ると、あなたがたは力を受ける。…また地の果てに至るまで、わたしの証人となる。」(1:8)使徒言行録の主題です。本日登場するステファノは正にこの御言葉通りに生き抜き、その最期は命をも奉げた人で、キリスト教における初めて殉教者でした。彼は「信仰と聖霊に満ちている人」「知恵と御霊によって語る」(6:5,10節)人物でしたので、強烈な敵意や批難の中にあっても「…その顔をさながら天使の顔のように見えた。」(15節)と記されています。

 聖霊による力とは勿論神からくるものです。神の力は自己を与える力、右の頬を打つものに左の頬をも向けさせる力で、正にイエス・キリストの足跡を見れば一目瞭然です。それに比べて人間の力は、往々にして自己を主張し自分の思いを通そうとして人をねじ伏せる一面があります。本日の箇所は神の力と人間の力が対比されています。

 ステファノに対してあるグループは福音理解について、議論を持ちかけましたが(9節)、歯が立たず廻りの者をも巻き込み偽りの証言をさせました(10~11節)。そうして力で貶めようとしましたが、ステファノはものともせず聖霊に満たされ平安の内にいました(15節)。ステファノという名前は「王冠」という意味で、正にイエス・キリストの栄冠をいつもかぶせて頂いた人物です。

 「わたしの恵みはあなたに十分である。力は弱さの中でこそ十分に発揮されるのだ…キリストの力がわたしの内に宿るように、むしろ大いに喜んで自分の弱さを誇りましょう。」(コリント二12:9)キリストが我が内に宿られる時、キリストの力がこの私に宿ります。神の霊が吹き込まれ、私の力がキリストの力へと交換されます。人は弱さの中にあるともがき苦しみますが、ステファノは心から主イエスに信頼し聖霊に満たされていましたから(1節)、窮地に追いやられてもさながら天使の顔のような輝きを放っていました(15節)。

 聖霊の満たされるとは、一時的な感情の高揚ではなく神の御支配の中に身を置き、神の力に生きたいという願いです。ステファノは特別な人ではなく、仲間から選ばれた信徒の一人でした(5節)。神の力に生きようとした彼は恵みのうちに成長し神の御心を行い、試練を通りキリストの聖に与る者とさせて頂きました。神の力に生きたいと願うなら誰でもそのようにして頂けます。
スポンサーサイト