神の言葉の力

2015.08.30 10:30|2015年度

使徒言行録10章34~48節

佐々木良子牧師


 ペトロはこれまで同胞のユダヤ人にイエス・キリストの十字架による救いを語ってきました。今迄の彼は間違った民族主義に縛られ、異邦人は神からの祝福はないものと考えていましたが、そのような思いから解放されて、異邦人に向けて初めて福音を語り出し、神の祝福がいよいよ全世界へと拡散していく時の出来事が記されています。

 「そこで、ペテロは口を開きこういった。『神は人を分け隔てなさらないことが、よく分かりました。どんな国の人でも、神を畏れて正しいことを行う人は、神に受け入れられるのです』」(34~35節)大切なことは、ユダヤ人とか異邦人という人種が問題ではなく、神の御前においての生き方が問われるという事です。神とどのように向き合い、どう生きているのか、という事が重要であることを知ることとなりました。

 神がイエス・キリストをこの世に遣わしてくださったのは、信じる者が誰でも救われることができるようになるためです。具体的には神の御言葉を聞き、イエス・キリストの十字架を信じて救われるのです。それは誰でも聞くことができ、誰でも信じる事ができるのです。ペトロが語った内容は、勿論、ユダヤ人に向けて語った時と同じ、主イエスによる十字架の罪の赦しと復活です(36~42節)。聖書で語られている福音は思想でも、人の考えでもなく、イエス・キリストご自身を示しています。正に主イエスが仰せになったように、ご自身が道であり、真理であり、命なのです(ヨハネ14:6)

 「…御言葉を聞いている一同の上に聖霊がくだった。…イエス・キリストの名によってバプテスマを受けるようにと…」(44~48節)神の御言葉は、天地創造された如く、無から有を生み出す大いなる力があります(創世記1章)。初めて神の御言葉を聞いた異邦人たちは、その御言葉に対して身をもって応え、その場でバプテスマを受け、彼らの命がまるごと造り変えられたのです。

 イエス・キリストを信じ、神の御言葉に従って生きたいと願うならば、その人に勇気と喜びを与えてくださいます。神が発せられる御言葉は、私たちに向けられた神の愛で滅びる事はありません。このお方が今、生きている私たちと共におられ、語りかけてくださっておりますから、私たちはどのような状況にあろうとも生きていく事ができ、この命がいつも造り変えられているのです。
スポンサーサイト

テーマ:聖書・キリスト教
ジャンル:学問・文化・芸術

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

小松川教会HP委員会

Author:小松川教会HP委員会

小松川教会は、「聖書は神の言葉、全人類にとっての救いの言葉」と信じる健全な聖書信仰に立つプロテスタント教会であり、全国に約1700余教会ある日本基督教団に属しています。
モルモン教、ものみの塔、統一教会とは一切関係ありません。
澤田武主任牧師

澤田武主任牧師


澤田武主任牧師


澤田直子牧師

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR