2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
ナルドの香油
2015/10/11(Sun)

ヨハネによる福音書12章1~8節

澤田直子牧師(宇都宮上町教会牧師)

 マリアがナルドの香油の壺を割ったのは、「イエス様は、わたしにとって、かけがえのないお方です。どれだけ尊敬を表しても愛を捧げても、自分を低くしても、言いつくせません。」という思いを表すためでした。マリアの行いによって、食事の席はナルドの香油の香りに包まれました。

 ある説教集に「あなたの教会は、何の香りでいっぱいですか。」と書かれていました。教会とは、信仰者が集まり、神を賛美する場を表します。とすれば、礼拝に集う皆さんがまさに教会なのです。『あなたがたは、自分が神の神殿であり、神の霊が自分たちの内に住んでいることを知らないのですか』(第一コリント3章16節)わたしの内にある神の宮は、どのような香りで満たされているか。鎮まって考えたいことです。

 「献げる」とは、わたしに与えられたもののうちで最上の物を神にお返しするということです。ユダがマリアの行為に文句をつけます。香油の値段を見ていたからです。しかしイエス様はマリアの心を見ていました。私たちはどのようなお方に何を献げるのかをわかっていなければなりません。

 8節のお言葉は不思議です。聖書には、あらゆるところに、主は共におられる、と書かれているのに。私たちが自分の最善を世で尽くすことに気を取られている時、あるいは、他の人の捧げ物が気になる時。いつも共におられるはずのイエス様のお姿は見えているでしょうか。

 マリアが献げたナルドの香油は、聖書に記され、讃美歌にもなり、多くの信仰者の心に届いて、献げる心を整えました。十字架の上で死なれたイエス様は、全き人全き神として復活され、全世界に返されました。神に献げたものは無駄にはなりません。必ず、わたしたちが思いもよらない形をとって、時を超えて、より大きなもの、清いものに変えられて、私たちのもとに帰されて来るのです。

 『こういうわけで、兄弟たち、神の憐れみによってあなたがたに勧めます。自分の体を神に喜ばれる聖なる生けるいけにえとして献げなさい。これこそ、あなたがたのなすべき礼拝です。』(ローマの信徒への手紙12章1節)
スポンサーサイト
この記事のURL | 2015年度 | ▲ top
| メイン |