2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
3月29日 礼拝説教概要 佐々木副牧師
2009/04/13(Mon)
「この世からあの世へ」  ルカによる福音書7:11~18

 主はこの母親を見て、憐れに思い「もう泣かなくともよい」と言われた。
目の前の愛する者を失った時、絶望と喪失感に襲われ、闇の中に葬られるような思いになり、自分の人生も終わってしまったように思いがちです。
 しかし「もう泣かなくともよい」「死人は起き上がってものを言い始めた。イエスは息子をその母親にお返しになった」(14~15節)とあります。悲しみの中に生きている者に声をかけられ、尚も生きるように支えてくださり、死んでしまった者に手を触れてくださって再び起き上がらせてくださる、主イエスが私達の傍らにおります。私達はこの奇跡を疑ってはなりません。死者の甦りを見る事ができる目を私達は既に神様から与えられております。闇のようなどん底の中に、命に至る道が貫いている事を示してくださる為です。

 私達の人生の数えきれない喜びや悲しみの刻まれた大切な命が、どこかに消えてしまう事がない為に、そのかけがえのない大いなるものとして、私達の命があり続ける為に、主イエスご自身の全存在をかけて十字架上に死んでくださり、そして復活されたという事実を聖書は示しております。その為に私達は死んでもこの息子のように甦る事ができ、永遠の命が保障されています。私達の信じる思いと主イエスの愛によってその奇跡は現れます。
 永遠の命は死んでから後にあの世で与えられるものではなく、キリストを信じた途端にこの地上で既に与えられています。永遠の命とは限りなくいつまでも生きながらえる長寿ではなく、キリストと結ばれてその命に生かされる本来あるべき人間の姿であり、完全な命とも言えます。
 キリストと結ばれている私達は、現在既にあの世への途上を歩んでいる最中です。今、その永遠の命に生かされているという実感はおぼろげにしか分かりませんが、やがて天国に移された時にはっきりとその目で確かる事でしょう。そこにはもはや死も悲しみも嘆きも労苦もなく(黙示録21:4)既に召された家族・知人と再会する喜びがありますから、その恵みをこの世において先取りしつつ、あの世で完成する時の恵みを見据えてこの今の時を尚、希望を持って歩んで参りましょう。
スポンサーサイト
この記事のURL | 2008年度 | ▲ top
| メイン |