2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
十字架の命
2016/02/28(Sun)

ルカによる福音書9章18~27節

佐々木良子師

 「あなたはメシア、生ける神の子です」(20節)とのペテロの信仰告白を期に、主イエスは「わたしについて来たい者は、自分を捨て、日々、自分の十字架を背負って、わたしに従いなさい」〈23節〉と仰せになって自ら十字架に向かわれました。

 確かに主イエスは十字架の死の道を歩まれましたが、聖書では十字架の先にある命の道、復活の道へと続いていることを語っています。主イエスが成し遂げられた十字架と復活の道に従う人は、死では終わらない復活の命の道を歩ませて頂けるのです。十字架と復活の大いなる御業のゆえに、主イエスの後に従うすべての人に、罪の赦しと死に勝利された復活の命が約束されています。ここに確かな希望があります。このようにして主イエスは十字架と共に輝く復活の命を示されました。

 そのためにも私たちはそれぞれ皆、負わなくてはならない十字架があります。時には何故このような十字架をと、つぶやきたくなる時がありますが、それぞれに自分サイズの十字架が与えられています。しかし、決して一人ではなく主イエスが共に背負ってくださっていますから何とか歩むことができるのです。

 ここで注目したいのは、「自分の十字架」です。自分サイズの十字架だけを背負えば良いのです。しかし、しばしば背負わなくてもよい余計な十字架を自らしょい込んではないでしょうか? 主イエスの思い、主イエスの御足の跡に従うのではなく、自分の思いが最優先され全面的に出ている時、本来負わなくてもよいものを背負い込み自分で自分を苦しめることとなります。

 主イエスを復活させた神の力に頼り、十字架と復活の道を切り開いてくださったイエス・キリストの後に従うのが、信仰者の歩む道です。ですから「自分の思いを捨て」アタフタすることなく、「自分の十字架を背負って」その御足の跡をついてきなさいと主イエスは仰せになります。

 神なき世界の苦難は苦難で終わりますが、主イエスの苦難の十字架は復活の道へと続く栄光です。マラソン走者が脇目もせずにひたすらゴールを目指して走り続けるように、主から与えられた自分の十字架を背負い、ゴールである栄光の御国を目指し本物の命、十字架の命に与っている私たちは何と幸いなことでしょうか。
スポンサーサイト
この記事のURL | 2015年度 | ▲ top
| メイン |