2017 / 05
≪ 2017 / 04 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2017 / 06 ≫

イザヤ書53章7~12節

佐々木良子師

 輝かしい主のご復活、イースターを迎えました。私たちの罪のために主イエス・キリストは十字架にお架かりになりましたが、ご復活によって見事に救いの御業が成し遂げられました。

 イザヤ書53章においては、主の僕の受けた苦しみ、受難について語られていますが同時に、「彼は自らの苦しみの実りを見、それを知って満足する。」(11節)と仰せになります。苦しみの実りとは、十字架による罪の救いを信じた人々に与えられる永遠の命です。

 それは主イエスご自身が十字架にお架かりになった時に受けた痛み、苦しみよりも、希望の復活の命、生まれ変わった新しい命の誕生の喜びが語られています。それは母親の出産の時の苦しみを想像します。出産の激しい痛みや苦しみがあっても、新しい命の喜ばしい誕生と共にその辛さは忘れ去るものです。新しい命の誕生は苦しみ以上の喜びを私たちは知っています。

 「はっきり言っておく。一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままである。だが、死ねば多くの実を結ぶ。」(ヨハネによる福音書12章24節)

 私たちはとかく、目の前にある出来事に一喜一憂するものですが、主なる神は常に苦しみの後の実りを見つめておられます。ですから聖書においては「苦しみ」を決して否定的に捉えてはいません。苦しむべきことを苦しみ、悲しむべきことを悲しみ、その苦しみ、悲しみを「喜びに代える」のが主なる神の大いなる御業です。苦しみ、悲しみの後に喜びがやってくるのではなく、「苦しみを喜びに代える」「悲しみを喜びに代える」のが、神の憐みと恵みです。キリストに繋がってさえいれば何も恐れることはありません。

 「わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。人がわたしにつながっており、わたしもその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ。わたしを離れては、あなたがたは何もできないからである。」(ヨハネによる福音書15章5節)

 主イエス・キリストの復活の命の恵みに生きる人を主イエスは更にこの世界のために用いてくださいます。私たちを通して、新しい命が豊かな命の実を結ぶことを望んでおられます。新しい年度を迎えるにあたり、目の前の苦しみだけを見つめることなく、苦しみの実りを見つめながら、30,60,100倍の豊かな実りを結ぶ者とさせて頂きたいものです。
スポンサーサイト

小松川教会HP委員会

Author:小松川教会HP委員会

小松川教会は、「聖書は神の言葉、全人類にとっての救いの言葉」と信じる健全な聖書信仰に立つプロテスタント教会であり、全国に約1700余教会ある日本基督教団に属しています。
モルモン教、ものみの塔、統一教会とは一切関係ありません。
澤田武主任牧師

澤田武主任牧師


澤田武主任牧師


澤田直子牧師