2016_11
13
(Sun)10:30

怒りと恐れの間に

使徒言行録22章22~29節

澤田 武師

主題聖句 『千人隊長もパウロがローマ帝国の市民であること、そして、
        彼を縛ってしまったことを知って恐ろしくなった。』  22章29節から


 パウロの口から「異邦人へ遣わす」との言葉が語られると、群衆は「こんな男は地上から除いてしまえ。生かしておけない。」と叫びだし騒然となりました。ユダヤ人は“神から選ばれた者”、他の民族とは異なり、神から律法が与えられた。それゆえに、律法を守ることが、救いの絶対の条件であると自負しています。彼らは、福音と「対立」します。そこから「怒り」が生まれます。彼らの言葉の中に愛はありません。「怒り」は彼らの存在を示しています。

 イエス様がこの世に弟子たちを遣わされる時教えられた「蛇のように賢く、…」パウロは賢く「知恵」を神の計画のために用います。この「怒り」も神の計画を進めるために用いられました。

 この状態を一番危惧したのは千人隊長です。彼の使命は、エルサレムを平穏の内に治めることです。彼はパウロを捕らえ、この騒動の真実を聞きだそうと、鞭打ちを百人隊長に命じます。その時パウロは「ローマ帝国の市民権」を持っていることを訴えます。千人隊長は、今自分が命じている事に「恐れ」を感じました。彼もローマ帝国の市民権を持つ者として、その権威を知っているからです。裁判なしに刑罰を受けないという権利を犯すことの重大性を知っているからです。パウロは千人隊長がやっと手にした支配者の権威との間に、自分が生まれながらに与えられている権威を用いて「対立」を生み出します。

 「わたしは、あなたたちのために立てた計画をよく心に留めていると、主は言われる。それは平和の計画であって、災いの計画ではない。将来と希望を与えるものである。」パウロは神の計画に生きたのです。神の計画を実行し、成し遂げる事を第一に考えた時、パウロの作戦は決まりました。自分に与えられた権威や権利を最大限に利用して、神の計画を実行する。
わたしたちにも神のご計画として与えられている仕事や地位や権威があります。これらを福音のために用いましょう。「怒り」「恐れ」の間にも、神は居てくださる。また、神はすべてを愛に変えることがおできになる方です。
スポンサーサイト