2017_04
09
(Sun)10:30

十字架を見つめて

ルカによる福音書23章32~43節

澤田 武師

主題聖句 「我々は、自分のやったことの報いを受けているのだから、当然だ。
        しかし、この方は何も悪いことをしていない。』」    23章41節


 実際の十字架刑は、見上げるような高いところにはありません。地上から約80センチのところに、十字架につけられた者の足はありました。それは見つめられるところに、手の届くところにあります。十字架につけられた者の姿、息遣い、体温を感じられるほど近くに十字架はあります。

 34節、イエス様の言葉 『父よ、彼らをお赦しください。自分が何をしているのか知らないのです。』 その視線の先はイエス様の十字架の意味を分からないローマ兵に、そして父なる神様に罪の赦しを得るために注がれています。
もし私が目の前のイエス様の十字架の意味が分からなかったら、ローマ兵や群衆と同じように十字架につけられた罪人としてイエス様をののしっていたかもしれません。

 43節 『はっきり言っておくが、あなたは今日わたしと一緒に楽園にいる。』 一緒に十字架につけられた犯罪人の片方にその視線は向けられています。「わたしを思い出してください」それは、切なる、ささやかなるイエス様への願いでした。イエス様は 『はっきり言っておく』 と力強く救いの事実を告げます。

 犯罪人は嬉しかったと思います。確実に訪れる死であっても、そこでイエス様に出会い、視線を向けられて、共にいてくださる約束を聞きました。「義人は一人もいない」と聖書には記されています。罪を悔い、その中で苦しむ者にイエス様は一緒にいると約束してくださいます。

 41節 『我々は、自分のやったことの報いを受けているのだから、当然だ。しかし、この方は何も悪いことをしていない。』 十字架の前で唯一自分の罪を見つめた者の言葉です。罪を犯したことの無いイエス様から、彼は平安を得ることが出来ました。彼は救われました。

 イエス様は見ていてくださる。あなたがどんな困難の中にあるか、罪ある者としてもがき苦しんでいるか。そして「わたしと一緒に楽園にいる」と約束してくださる。私たちの救いは、この地上80センチのところにあるイエス様の十字架にあります。
スポンサーサイト