聖なる者となる
2017/07/30(Sun)

テサロニケの信徒への手紙Ⅰ 5章16~24節

澤田 武師

主題聖句 「どうか、平和の神御自身が、あなたがたを全く聖なる者としてくださいますように。」  5章23a節

 聖書は、神様は「聖なる方」であると伝えています。「あなたたちは聖なる者となりなさい。あなたたちの神、主であるわたしは聖なる者である」と。

 ここで「聖」とは、神の絶対性、超越性を表す言葉です。その神が私たちも「聖なる者」となりなさいと、招いてくださる。

 「義認」から「聖化」へ、罪赦された新たな命の歩みが始まります。「聖化」は「主と同じ姿に造り変えられて行く」ことです。

 ホーリネスの信仰は、この「聖化」を特に重んじる信仰です。実践的であり、個人的な生活の中での「聖」を求める信仰と言えます。

 パウロは「キリスト・イエス」以外から聖化の恵みは与えられない、イエス様を知ることによって、初めて「喜び」「祈り」「感謝」を日々の生活の中に「いつも」「絶えず」「どんな時にも」と感じることが出来る、聖霊の働きによって「聖なる者」と変えられて行くと記しています。

 パウロは祈り求めます。「どうか、平和の神御自身が、あなたを全く聖なる者としてくださいますように。」と。霊も魂も体も欠けなく、非の打ちどころのないものとしてくださいと祈ります。

 パウロは、この誕生したばかりのテサロニケの教会が、再臨の時まで永遠に続くように、そこに集う者たちが、信仰の成長を留めることなく歩めるようにと祈ります。このパウロの祈りは、私たちの聖化を求める祈りです。再臨の時まで、私たちも悪から遠ざけてほしいとの祈りが聖化の歩みを進めます。

 ファリサイという言葉も「分離した者」という意味があります。律法を守れない者から「区別された者」彼らは「律法」を守ることを最重要と考え行動していました。彼らは「行い」において、信仰者として最も聖なる者であり続けようとしました。

 「聖化」の恵みが分からなくなってしまうのは、そこに我が再び現れてくるからではないでしょうか。
スポンサーサイト
この記事のURL | 2015年度 | ▲ top
| メイン |