2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
すべての人に開かれている
2017/10/29(Sun)

エフェソの信徒への手紙2章14~22節

澤田 武師

主題聖句 「それで、このキリストによってわたしたち両方の者が一つの霊に結ばれて、
        御父に近づくことができるのです。」  2章18節


 「宗教改革」によって「プロテスタント教会」の信仰が生み出され、今、私たちは礼拝の中で「日本基督教団信仰告白」として告白しています。

 信仰告白の中では、「旧新約聖書は、神の霊感によりて成り、キリストを証し、福音の真理を示し、教会の拠るべき唯一の正典なり、されば、…信仰と生活との誤りなき規範なり。」と、信じるのは「聖書のみ」であると告白します。エフェソ2:18「このキリストによって…霊に…、御父に近づくことができるのです。」パウロは、聖書が救いの基となる三位一体の神を示していることを証詞しています。人の権威によって聖書が隅に追いやられた時代もありましたが、しかし、今私たちは聖書に証詞されたイエス・キリストを礼拝し、永遠の命を得ることを信じると告白します。

 ルターは、「贖宥状」の問題を95ヶ条の論題に記しました。善行を積んでも、禁欲生活をしても罪を赦されたと確信できなかった彼には、贖宥状を受けいれることは到底できません。信仰告白では「御子は我ら罪人の救いために人と成り、十字架にかかり、…神にささげ、我らの贖いと…ただキリストを信じる信仰により、我らの罪を赦して義としたもう」と、ただ「イエス様を信じるのみ」、罪の赦しがある。そこには人の業は一切関係ない。エフェソ2:16「十字架を通して、…、十字架によって…。」パウロは、イエス様の十字架の贖いだけが、私たちの罪を赦し、神様との和解の道を開いてくださると説きます。信じるだけで救われるのです。

 ルターは教会に集う者が「霊的」と「世俗的」な二つのクラスに分けられていることを批判しています。「万人祭司」とは、「教師も信徒も福音宣教のための祭司」という事です。2:19「従って、あなたがたはもはや、…神の家族であり」、そして信仰告白では「教会は主キリストの体にして、恵みにより召されたる者の集いなり。」と、神様の前に集う時、神の家族としての存在となると告白しています。聖書の中のイエス様を信じ続ける、この一点に立ち続けることが私たちの証詞です。
スポンサーサイト
この記事のURL | 2017年度 | ▲ top
| メイン |