2017_12
31
(Sun)10:30

平和を実現する人々

マタイによる福音書5章9節

澤田直子師

『平和を実現する人々は、幸いである、その人たちは神の子と呼ばれる。』

2017年を振り返りますと、平和について様々に考えさせられた一年であったと思います。ヘブライ語の「シャローム」は、本来、どの方向にも全く不足がない状況を意味します。また、苦しみとか不安が「ない」というような、否定語をつけない言葉だそうです。すべての幸せを見出し味わい楽しむ、それがシャロームです。それはあまりにも現実味のない言葉のようにも感じられます。

 キリスト教は関係性を重視しますので、私一人がシャロームなら良いということはなく、ではそのシャロームを誰とどうやって分かち合いますか、となります。それが「平和を実現する」という言葉に表されます。聖書において平和は与えられるものではなく、作り出すものです。私たちに与えられているのは福音です。主イエス様の十字架の贖いに対して、私たちは何一つ支払っていません。それは神様の一方的な愛と憐みによって与えられました。私たちはただ、それを受け入れるか受け入れないかを選ぶだけです。何であれ、物事を選べばそこには責任がついてきます。福音に救われることを選ぶ者には、イエス様に倣うという責任がついてきます。

 しかしこれは、責任というよりは特権に近いものです。なぜならば、私たちは自分の努力では到底、イエス様に似た者になることはできません。それをご承知の神様が、いつも共にいてくださる、私たちをご自分の道具として、用いてくださる。使うお方が全知全能ですから、道具の良し悪しに関係なく、完璧に手入れをし、完璧に使ってくださいます。

 「平和を実現する」とは、徹底的に神の道具となることです。イエス様ご自身も、人として生き、その弱さの中で平和を実現するために苦しまれました。「実現する」とは、ある物を見て、別の事を連想する時に使う言葉です。窓の外の木々の揺れを見て、風があることを知る、というような。私たちに、この御言葉が求めることは、その存在が平和を思わせるような人間になりなさい、ということでしょう。教会堂を出てからが正念場です。平和を実現する姿で世に遣わされて行きましょう。

📢音声
スポンサーサイト