2018_03
25
(Sun)10:30

十字架に何を見る

イザヤ書53章1~12節

澤田直子師


受難週は、神のご計画が粛々と進んで行き、しかしイエス様の他には誰もその意味が分からない、そういう一週間です。それは聖書の時代に限らず、今この現代でも、聖書もイエス・キリストも十字架も知っている、でも自分には関係ないと考える人はたくさんいるのです。

 イエス様は、ここまでに3度も十字架の予告をされました。しかし弟子たちはそれを自分たちに関わることとして受け止めていません。これは4節にある「彼が担ったのはわたしたちの病」そのものです。心を、思いを、神様ではなく自分に向けてしまう病です。

 そういう無理解の中でも、イエス様はご自分の周りにいる全ての人に愛の眼差しを注ぎました。何もわからない弟子たちに、付き添ってきた婦人たちに、果ては、ご自分を十字架に釘づけたローマ兵にまで、最後の最後まで、ただ愛することに全力を尽くされました。

 ゲツセマネの園では眠りこける弟子を赦し、傷を負わされた大祭司の手下を癒し、ユダの裏切りの接吻を黙って受けられました。イエス様を知らないと言い張ったペトロをじっと見つめ、大祭司の傲慢やピラトの無知にも何も言われず、隣の十字架で死にかけている強盗の信仰告白に、あなたは今日天国に入る、と救いの宣言をされました。

 6節にあるように、わたしたちはしばしば道を誤り、過ちを認められないがゆえに、正しい道に戻ることができません。それら全てを背負ってイエス様は死なれました。7節「彼は口を開かなかった」ご自分のためには、言葉一つさえも使わなかったイエス様。そのゆえに罪はイエス様のものとされ、イエス様の死と共に罪も死にました。

 それほどの愛を、弟子たちは容易に信じられなかったでしょう。しかしイザヤ書53章11~12節には、それが神の僕の強い意志であり、その結果に満足していることが記されています。罪から最も遠いところにおられた方が、自ら望んで、多くの人の過ちを担ってくださった。それはわたしたちに対する大いなる愛のゆえでした。

📢音声
スポンサーサイト