FC2ブログ
起き上がりなさい
2018/04/29(Sun)

ヨハネによる福音書5章1~13節

澤田 武師

主題聖句 「イエスは言われた。『起き上がりなさい。床を担いで歩きなさい。』」 8節

「その水が動いた時、真っ先に水に入る者は、どんな病気にかかっていても、癒される」この病人は「べトザタ」の池の奇跡を信じて、池の周りにある回廊に体を横たえながら、その時を待ち続けていました。しかしその一方で、自分一人では池の中に入る事さえもできない現実も知っています。

 その病人にイエス様は「良くなりたいか」と呼びかけられ、「起き上がりなさい。床を担いで歩きなさい」と命じられました。この奇跡は、新たな「安息日」の議論を呼び起こし、最終的にはイエス様が十字架へと向かわれる道に続きます。

 この男の姿は、私たち信仰者の姿です。私たちも理由をつけて神様の「良くなりたいか」、のお言葉を信じられない時があります。究極の「良くなる」とは、神様が創造された人の姿に戻ること、罪に覆われ、神様との間に隔たりを作った者が、もう一度神様のもとへと戻ることです。創世記1:31「見よ、それは極めて良かった」この時の人間に戻ることを、神様は求めておられるのです。

 それは、病気の癒しだけではなく、新しく与えられた命を生きることです。神様は絶えず、私たちに「良くなりたいか」と、問いかけておられます。それは日々新たに生かされる「新生」の恵みであり、悔い改め、聖霊によって造り変えられる「聖化」の歩みです。

 「起き上がりなさい。床を担いで歩きなさい」イエス様のお言葉により、この病人は自分の足で立ち上がり、自分の足で歩き始めます。それはこの病人を取り囲んでいた「隔たり」が打ち壊され、解放されたことになります。神様との新しい歩みを始めたこということです。

 この病人は38年間、ベトザタの池の水が動くことを見つめていました。そこにこそ癒しがある、そこに神様の救いがあると思っていました。その病人の視線を変えたのが、イエス様のお言葉です。ここから一人で立ち上がること。自分の足で歩くこと。これが病気からの癒しであると同時に、この人の救いの証しであることを示されました。

 イエス様は「良くなりたいか」と声をかけてくださいます。そして、この世で苦難の中に在る者に、今日も「起き上がりなさい」と励ましてくださいます。

📢音声
スポンサーサイト
この記事のURL | 2018年度 | ▲ top
| メイン |