FC2ブログ
この花の一つほどにも
2018/11/04(Sun)

マタイによる福音書6章27~30節

澤田 武師

主題聖句 「しかし、言っておく。栄華を極めたソロモンでさえ、
        この花の一つほどにも着飾っていなかった。」   マタイによる福音書6章29節


 弟子たちにとっては特別に意識せず、見過ごしてしまうような空の鳥、足もとに咲く野の花の存在に、イエス様は視線を注いでおられます。イエス様は、そこに咲いている一つの小さな花を指さされて弟子たちに「注意して見なさい」と言われました。鳥も花も神様が創造された世の始めから何も変わらず、繰り返し同じ生き方を続けています。

 イエス様が指さされた花は、パレスチナの丘陵地帯にたった一日だけ咲くアネモネの花だったと考えらえます。朝に咲いて夕方には枯れてしまう、その後は、かまどの焚き付けとなって燃やされてしまいます。神様はこの花の一日に、永遠の命を咲かせます。花は神様の命を美しく輝かせて、精一杯咲くのです。

 イエス様は「言っておく」と前置きして、最も富と知恵とを兼ね備えた人物、ユダヤのソロモン王が生涯をかけて作り上げたものであっても、それは所詮人間が作り上げた美しさであり、神様の永遠の命の美しさには勝ることができないと言われます。イエス様はこの花の姿から、「永遠の命に生きる」とは、何かを示されました。

 一日限りを生きる花でさえ、神様は惜しみなく祝福を与えてくださる。イエス様は弟子たちに向かって「今日は生えていて、明日は炉に投げ込まれる花でさえ…装ってくださる。…あなたたちはなおさらではないか」と言われました。今わたしたちが聞いているこのお言葉は、かつて地上で神様の命を輝かせ、信仰者の生涯を歩まれ、そして今は主のみもとで永遠の命に生かされている「聖徒」の兄弟姉妹も聞いたお言葉です。

 神様は大切な独り子イエス様を十字架に架けて、その命によって私たちを贖ってくださいました。「聖徒」の兄弟姉妹はイエス・キリストを主と受け入れて、十字架で示された「復活」による永遠の命を希望と信じて、それぞれの信仰の生涯を歩まれました。

 イエス様が指さされる一つの花を見る時、そこには神様の永遠の命があります。永遠の命に生きる希望は、私たちの目にも輝いているのです。

📢音声
スポンサーサイト
この記事のURL | 2018年度 | ▲ top
| メイン |