FC2ブログ
自分の栄光は求めない
2018/11/25(Sun)

ヨハネによる福音書8章48~59節

澤田直子師

主題聖句 イエスは言われた。「はっきり言っておく。アブラハムが生れる前から、『わたしはある。』」
        ヨハネによる福音書8章58節


 ここは、ユダヤ人がイエス様を侮辱する言葉から始まります。その悪口に対するイエス様の答えは「わたしは自分の栄光は求めていない」というものでした。イエス様がお生まれになった夜に、天の大軍が賛美したのは「いと高きところには栄光、神にあれ、地には平和、御心に適う人にあれ」イエス様は、地上のご生涯の始めから終わりまで、ご自分の栄光は求めないお方でした。本来、信仰とは、人を柔和にするもの、謙虚に、考え深く導くものではないでしょうか。しかし、ユダヤ人が自分たちの信仰と信じているものは、彼らを間違った方向へと連れて行きます。自分を優位におこうとし、従わない者を罪に定めようとします。自分の都合の良いように「信仰」を用いているのです。

 イエス様の信仰は、具体的な言動にすれば「栄光を神に返すこと」「神の前にへりくだること」「隣り人を分け隔てせず寄り添うこと」でした。イエス様は同じことをわたしたちに求めます。「わたしの言葉を守るなら、その人は決して死ぬことがない」ここで言う「死」は、肉体の死ではなく、神との絶対的な永続的な断絶です。この死から逃れるためには、わたしたちはこの地上の歩みから整えられなくてはなりません。律法学者たちのように、立派な事を言いながら他人の罪をあげつらっているのでは、自分の栄光を求めることになってしまいます。

 肉体にも知識にも20歳台にピークがあり、そこを越えるとあとは下降していきます。いろいろ工夫してその角度を緩やかにしようとしますが、やはり限界があります。しかし、霊的な成長には終わりがありません。聖い霊は、神とのつながりを前提として存在するものですから、ローマ11:36『すべてのものは、神から出て、神によって保たれ、神に向かっているのです』とあるように、神を指し示して行くのです。イエス様のヘリ下りをわがものとし、栄光を天に返しつつ、天に向かって歩みましょう。

📢音声
スポンサーサイト
この記事のURL | 2018年度 | ▲ top
| メイン |