FC2ブログ
和解の使者として
2018/12/30(Sun)

コリントの信徒への手紙二 5章16~21節

澤田直子師

主題聖句 『だから、キリストと結ばれる人は誰でも、新しく創造された者なのです。
        古いものは過ぎ去り、新しいものが生じた。』  コリント 二5:17


 一年の最後の礼拝に、毎週の週報表紙に印刷され、祈祷会でははじめに暗唱してきた御言葉を分かち合いましょう。

 パウロは手紙の中でたびたび、教会を一つの体に例えています。(ローマ12:4~5、エフェソ4:16)パウロは、教会のあるべき姿として、能力や財産で差別されない、互いに罪を赦し合う、喜んで献げるなどを勧めました。しかしコリントの教会には派閥争いがあり、貧富・身分差別があり、パウロを泣かせました。パウロは、「あなた方は新しく生まれた者ではないか」と呼びかけます。

 わたしたちの体は、常に部分的な死と再生とを繰り返します。神様は、霊的な死と再生、罪に死に、新しい命に生きることを、見える形でわかりやすく体験させてくださっているのです。それは何のためか。18節『神は、キリストを通してわたしたちを神と和解させ、また、和解のために奉仕する任務をわたしたちにお授けになりました。』とあるように、わたしたちを世に遣わして和解の使者とするためです。

 「和解」の「和」は足し算の答えのごとく、まとまることを意味します。「解」はほどくことです。逆の意味を持つこの二つの漢字がくっつくと、平和と理解を表す言葉になります。イエス様の言葉に置き換えれば、「和」は神の平安、その土台は無償の愛です。「解」はマタイ16:19によれば、罪の赦しを表します。「和解」はイエス様において「愛と赦し」です。

 東京神学大学編纂「組織神学辞典」には、「和解」と「贖罪」は同義と考えてよい、と書かれていました。わたしたちがその使者となるべき和解と、神の独り子イエス様の十字架の贖いは、神にあって同じ意味だというのです。21節『罪と何のかかわりもない方を、神はわたしたちのために罪となさいました。わたしたちはその方によって神の義を得ることができたのです。』和解の使者として、主と共に歩みましょう。

📢音声
スポンサーサイト
この記事のURL | 2018年度 | ▲ top
| メイン |