2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
2月21日 礼拝説教概要
2010/02/26(Fri)
「心のオアシス」 詩編23編1~6節

 詩編23編は信頼の歌であり、そのメッセージは一言でいえば「神を信頼しなさい」と言う事です。神は御自身を恵み深き羊飼いとして啓示しておられます。羊ほど無力で愚かな動物はいない。近視眼で目先の事しか見えずすぐに道に迷う。自分で水辺や牧草を見つけることもできない。身を守る武器もなくすぐに野獣に食べられてしまう。そんな無力で愚かな羊であっても牧者なる神に徹底的に依り頼んでいくならば安全で祝福された生活を送ることができます。自分は賢く能力があるので神の導きや助けなど必要ないと高ぶることが危険です。良い羊飼いである主イエスは愛する羊を守り祝福するためにその命を投げ出して下さいました。

 私たちと神との正しい関係がその罪や汚れによって損なわれると神のいのちと祝福の流れが止められてしまいます。しかし、神は私たちの罪と汚れをその十字架の贖いによって赦しきよめ、もう一度神との関係を新しくして下さり私たちの魂を生き返らせて下さいます。私たちは毎聖日ごとに主の十字架を仰いでその汚れをきよめられ、その復活のいのちを頂いて新しく一週間をスタートすることができるのです。

 「人生において最も幸いなことは主が共にいることである」とはウエスレーの辞世の言葉でした。私たちの人生は災いの日もあれば幸いの日もある。次年度もどんな困難や試練、病やトラブルに襲われるかわからない。しかし確かなことはどのような困難な場所を通過しようとも主が常に一緒にいて私たちを助け支えて下さるということであります。私たちを愛し支えて下さる人たちもやがては去っていかねばならない。しかし、主は最後まで一緒に人生の旅路を歩んで下さいます。わたしは決してあなたを見捨てず見放すこともしないと主は言われる。これほどうれしいことはない。人生の終わりに私たちが死の河を渡る時主は私たちの手を握って一緒に渡って下さいます。ですから天国への希望に満ち、平安と喜びに溢れて私たちは死の河を乗り越えていくことができるのです。
スポンサーサイト
この記事のURL | 2009年度 | ▲ top
| メイン |