Category2017年度 2/11

永遠の命に至る

No image

ヨハネによる福音書4章27~38節澤田直子師 弟子たちはサマリアの町から食べものを買って帰ります。入れ替わりにサマリアの女は町の人々を呼びに行きます。弟子たちから食事を勧められたイエス様は 『わたしにはあなたがたの知らない食べ物がある』 と言われます。まだ使徒として遣わされていない弟子たちには、この言葉の真意はわかりません。キリスト教には、頭で学んでもわからない、実際に自分の身に起こったこととして受...

  •  -
  •  -

渇きを潤す

No image

ヨハネによる福音書4章16~26節澤田 武師主題聖句 「神は霊である。だから、神を礼拝する者は、霊と真理をもって礼拝しなければならない。」 24節 ヨハネは10節~26節に、イエス様とサマリアの女性との間に交わされた言葉だけを記しています。それは読者に、話された言葉にのみに集中して、私たちも一緒に立ち会っているような緊張感を与えることを意図して書かれたと思います。イエス様が女性に問いかけた言葉を、...

  •  -
  •  -

その水をください

No image

ヨハネによる福音書4章11~15節澤田 武師主題聖句 「女は言った。『主よ、渇くことがないように、また、ここにくみに来なくてもいいように、その水をください。』」 15節 イエス様は御言葉を通してサマリアの女性に「生きた水」を与えられました。「生きた水」は女性の心を変えて行きます。女性は、この見知らぬこの旅人の言葉によって、自分でもよくわからない、何か特別な思いが与えられたことに気付きました。しかし...

  •  -
  •  -

生ける水を求めよ

No image

ヨハネによる福音書4章1~10節澤田直子師ユダヤ地方からガリラヤへ行こうとすると、途中にサマリアがあります。当時のユダヤ人は、サマリアを嫌ってわざわざヨルダン川沿いの回り道を通りました。サマリアは北イスラエル王国の首都でしたが、紀元前722年にアッシリアに滅ぼされて後は、混血が進みました。ユダヤ人はそんな所を通ったら汚れると考えたのです。しかしイエス様はあえてサマリアを通ります。 5節に出てくるシ...

  •  -
  •  -

神の言葉を話す

No image

ヨハネによる福音書3章31~36節澤田直子師ヨハネによる福音書3章の終わりは、洗礼者ヨハネによる証です。洗礼者ヨハネ自身が祭司の家系に生まれた奇跡の子どもでした。しかしヨハネにとっては、自分のところに留まられては困るのです。何とかしてイエス様の方へ行ってもらわなくてはなりません。 イエス様の方でも、ご自身には分かり切っていることが、愛する弟子たちには理解できないという難しさを持っておられる。福音書...

  •  -
  •  -