裁く者、助ける者

使徒言行録23章12~22節

澤田直子師

 パウロを亡き者にしようと、40人ものユダヤ人が集結して誓いを立てます。誓願成就しない時は呪われてもよい、という強い近いです。彼らはユダヤ教徒でありながら、十戒の第6戒『汝殺すなかれ』より自分たちの正義を上に置こうとしています。人間が自分の義を貫くことにこだわるとこのような間違いに突き進んでしまいます。

 この危機を救ったのは、パウロの甥、名も記されていないユダヤの若者でした。彼は聞きつけた陰謀をパウロに知らせ、機転を利かせたパウロは百人隊長を通じて、千人隊長にこの陰謀を知らせます。一介の少年がローマの千人隊長にと、直に、二人だけで話をするとは、どんなに緊張したことでしょう。しかし若者が自分のすべきことをしっかりと行った時、この行動がパウロをローマに送るきっかけを作ります。

 聖書では、人が人を裁くことを厳しく戒めています。ルカ6:37『人を裁くな。そうすれば、あなたがたも裁かれることがない。』また、ローマ14章:4『他人の召し使いを裁くとは、あなたはいったい何者ですか』わたしたちは、自分は正しくはあり得ないのだ、ということを忘れてはなりません。イエス様の命に贖われたわたしたちは、他人を裁くなどできるはずがないのです。

 神様はわたしたちを本当に愛してくださっているので、選ぶ自由を与えてくださいました。わたしたちは、歩んでいく道の至る所で、「裁く者」になるか、「助ける者」になるかを選ばなくてはなりません。イエス様は、どちらを選ばれたでしょうか。十字架に釘づけられる時でさえ、イエス様は「助ける者」でした。『父よ、彼らをお赦しください。自分が何をしているか知らないのです。』この祈りによって、わたしたちはまだ罪人であった時に救われました。

 自分の正しさを鎧にまとって、「裁く者」となるか、それとも、小さな勇気を奮い起こして「助ける者」となるか。祈りによって、賛美によって、御言葉によって、わたしたちにはいつもイエス様に従う道が示されています。与えられた隣人を「助ける者」として歩みだしましょう。

テーマ : 聖書・キリスト教
ジャンル : 学問・文化・芸術

新しい道を歩む

マタイによる福音書2章1~12節

澤田 武師

主題聖句 「ところが、『ヘロデのところへ帰るな』と夢でお告げがあったので別の道を通って
        自分たちの国へ帰って行った。」   2章12節


 クリスマスとは、神がこの世で私たちと同じ姿となられた出来事です。それはこの世の闇に神の栄光が介入し、「光と闇とが交差した時」とも表せます。

 マタイは、メシア誕生を告げる「占星術の学者が導かれた星の光」と、メシア誕生を知った「ヘロデ王の心の闇」との交差した時を記しています。起こった事実は一つですが、クリスマスを知った者は、それぞれが自分の真実を持ちます。真実によってそれぞれの行動が起こされます。

 「事実」は、それまでは考えられない困難にも立ち向かわせる、勇気と決断を与えます。メシア誕生の事実は、学者たちに過酷な砂漠の旅をしてまでも、ユダヤに行く決断を起こさせました。彼らには「メシアを拝みたい」との「真理」が与えられ、真理に生きる者と変えられました。

 神の計画は、ユダヤでは禁じられていた占星術でさえもキリストを示す道具として、示された者を神に大胆に近づく者として変えてしまいます。

 ヘロデ王にはメシア誕生の事実から「不安」が与えられました。彼は不安から聖書を調べさせます。聖書の預言は、不安が現実になったと確信させました。不安はエルサレムをも覆いました。神の光を拒む者の闇があります。

 私たちが礼拝、諸集会へ集うことは、万事を整えて臨むことです。聖書が語る神の真理を第一にすることです。日常生活を優先しては守ることが出来ません。神を求め従う者は、神を大胆に選び取ることができるのです。この世の砂漠を越えて、主の元へと招かれる。困難は人を、その場に留まらせようとしますが、真理が困難を乗り越えさせます。

 聖書では、クリスマスに招かれた者は、大胆に神の導きに従い、事実を伝え、それぞれ自分の生活に戻って行ったと記されています。

 私たちは祈ります。御心に大胆に近づく者として確信と勇気を与えてください。私たちの唇を真理の言葉を語るものに変えてください。罪の中に再び戻ることのない、新しい歩みを私たちに与えてください。

テーマ : 聖書・キリスト教
ジャンル : 学問・文化・芸術

キリストに満たされる

エフェソの信徒への手紙1章20~23節

澤田 武師

主題聖句 『教会はキリストの体であり、すべてにおいてすべてを満たしている方の
        満ちておられる場です。』      エフェソの信徒への手紙1章23節


 昨年は世界的に見ても、自然の驚異が人々を苦しめ、世情も急激な変化を始めました。この先の歩みには不安が高まります。そして世界はなおも戦争、テロ、貧困、差別と様々な名前によって支配され、その権威の下にあります。

 22節~23節「キリストを頭として教会にお与えになった。教会はキリストの体」であると述べられています。神は私たちが経験する、あらゆるものの上に立ち、あらゆる時代に「キリストの名」を示される方、全宇宙の上に立つ「頭」として教会にキリストを遣わし、キリストの名を置かれました。

 パウロは、「教会」は信仰的確信において一致する人々が集う事によって成立するのではない、と述べています。パウロは宇宙の頭としてのキリストが「満ちておられる場」として教会が立てられ、「キリストの体なる教会」として、世に存在すると述べています。

 キリストの体なる教会が既に存在し、人はそこの中に入ることによってキリストと共に現実の中で生きることが出来るのです。「すべてにおいてすべてを満たしている方」。私たちが共に存在することこそ「キリストの体なる教会」を作り上げて行くことになります。神はこの働きを私たちに託されました。

 教会は現実の世界で信仰に生き、信仰によって喜び、苦しむのです。神はキリストによってこの世を満たそうとしておられます。キリストの名を世界に示そうとしておられます。その働きを私たちに託しておられます。
キリストは一人一人の歩みに満ちたいと願っておられます。そして教会がキリストに満たされ、共同体として成長するために、私たち一人一人の霊的成長を願っています。

 キリストはすべてにおいてすべてを満たす方であり、あなたの信仰生活の成長にキリストはいつも満ちておられます。困難な時代だからこそ、教会も、私たちもすべてにおいてすべてを満たしている方に、満たされた歩みの一年でありますように。

*2017年小松川教会 教会標語聖句

テーマ : 聖書・キリスト教
ジャンル : 学問・文化・芸術

主イエスは生まれた

ルカによる福音書2章8~20節

澤田 武師

主題聖句 『今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである。」 2章11節

 飼い葉桶はこの世の理不尽、苦難、困難を、そしてそこに生きる者たちの姿を表しています。突然の神様の介入は、幸せになるはずのマリアとヨセフに長旅をさせ、誰からの助けもない家畜小屋での出産を経験させました。

 神は全てを備えられる方です。イエス様をこの世の王として生まれさせることも、たくさんの人の祝福の中に生まれさせることもおできになりました。しかしあえて、イエス様を飼い葉桶、苦難や困難の中に与えられました。

 私たちも飼い葉桶の中にいるのです。理不尽、苦難や困難、悲しみの中にいる。イエス様は、私たちと同じ思いを同じように経験してくださるためにお生まれになりました。ここに神の愛を見ることができます。

 「ドラム缶に詰められた贈り物」というクリスマスに起こった実話の中に、「孤独感や挫折感がいちばん骨身にしみるのは、クリスマスの時だったのかもしれません。」という一文があります。異国に遣わされた宣教師一家のクリスマスを舞台に、信仰者、老旅人、子どもたちが、何の落ち度もないのに状況に翻弄されて、それぞれクリスマスに理不尽な目に遭うのです。

 しかし、神様は高慢に対する怒りを、不運な老人の境遇を、吹雪の日を恨む心を用いて、彼らのクリスマスを豊かなものに変えてくださいました。神が用いる時、高慢、欠乏、恨みすら平安になり得る、私たち誰もが共に生きる者と変えられる可能性があることを証しています。

 神が人として、飼い葉桶の中に生まれ、さらに十字架で死なれた、復活された。とても信じられないかもしれません。しかしその信じられない事こそが、私たちを救いに導いたのです。

 このお話は過去の出来事ではありません。私の「まさかこんな暗い所に」と思われるところに、既にイエス様はお生まれになってくださっています。あなたの周りを見回してください。神様がお示しになった証に満ちています。

*説教では「続とっておきのクリスマス」いのちのことば社を引用いたしました。

テーマ : 聖書・キリスト教
ジャンル : 学問・文化・芸術

飼葉桶の救い主

ルカによる福2書1~7節

澤田直子師

ルカによる福音書2章1~7節は、クリスマスがどんなふうに始まったかをよく表しています。ルカは、この出来事が事実であったことを証明するために、当時の重要な出来事を記しています。アウグストゥスは初代ローマ皇帝で、人頭税をもれなく徴収するために住民登録を行いました。

 ヨハネとマリアが住んでいたナザレからベツレヘムまでは約140キロあるといいます。徒歩旅行では2週間以上かかったでしょう。しかし、この期間は、ヨセフとマリアが二人きりで、天の使いの言葉を話しあう絶好の機会になったのではないかと思います。正式な結婚前に身ごもったマリアが、村の人々の好奇の目や中傷から逃れる事にもなったでしょう。ローマ皇帝の命令の中にも神様の御計画を感じることができます。

 当時の宿屋については様々な憶測がなされています。商業目的で旅をするキャラバン隊のために、中庭を囲むようにして、小部屋を作り、すぐ外に出られる角の部分を家畜小屋にしたようです。この時は、住民登録のために来た人々が多かったので、家畜小屋に空きがあったのでしょう。初めての赤ちゃんを産むマリアには、付き添う婦人もなく、ヨセフだけが頼りでした。

 クリスマスの讃美歌には、イエス様をお迎えする家はなかった、でもどうぞわたしの心に来てください、というような歌詞があります。(参照:聖歌136番)しかし自分の心をしみじみとのぞいた時、わたしたちは、イエス様をお迎えするのに、家畜小屋以上の、飼い葉桶以上の物を用意して待っていると言えるのでしょうか。

 教皇ヨハネ23世の祈り『イエスよ、ごらんください。これがわたしの心です。わたしの魂は貧弱で、得に欠けています。わたしのたくさんの不完全さでできたわらくずは、あなたを刺し、あなたを泣かせてしまうでしょう。しかし主よ、これがわたしの持ち物のすべてなのです。』それでもイエス様は、飼葉桶に来てくださるお方です。わたしたちに光がなくとも、イエス様が光となって来てくださいます。この光によって、愛すること、赦すこと、助けること、清くあることに導かれて行きましょう。

テーマ : 聖書・キリスト教
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

Author:小松川教会HP委員会

小松川教会は、「聖書は神の言葉、全人類にとっての救いの言葉」と信じる健全な聖書信仰に立つプロテスタント教会であり、全国に約1700余教会ある日本基督教団に属しています。
モルモン教、ものみの塔、統一教会とは一切関係ありません。
澤田武主任牧師

澤田武主任牧師


澤田武主任牧師


澤田直子牧師

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR