東京都江戸川区北葛西にある日本基督教団小松川教会の礼拝で語られたメッセージです。  ホームページ委員会が更新していきます。

列王記上8章54~61節

澤田直子師

 列王記上8章は、神殿奉献の際にソロモン王が奉げた祈りが記されています。王の権威を誇示することなく、イスラエルの民への愛が満ち、足が地についた素晴らしい祈りです。

 ソロモン王が即位して4年目に基礎を据え、そこから7年かけて作り上げた壮麗な神殿に、神は「ここにわたしの名を置く」と言われました。もとより全知全能にして全てを支配される神をお納めする場所など、天地のどこにもあり得ませんが、神は、人と神との聖なる交わりの場として神殿にその名を置いてくださったのです。聖書においては、名前はその存在そのものを表すとされています。神の名が置かれる神殿は、神の臨在の場、祈りによって神と人とが結ばれる場に他なりません。

 現代では、教会がその役目を果たしています。わたしたちが主日ごとに教会に集い、祈りと賛美を献げ、献金をお献げするのは、ここに神の名が置かれているから、神様がわたしたちの祈りを近しく聞いてくださるところだから、そのためにこそ、ここが建てられたからです。祈りは、神様の存在を近いものにし、祈る者を変えていく力、祈る者を通して、世を変えていく力を持ちます。

 58節から60節まで、この990年後にイエス様が弟子に教えた「主の祈り」と何と似ていることでしょう。また61節『主と心を一つにし』とは何と真実で美しい祈りでしょう。それは、イエス様のゲツセマネでの『わたしの願いではなく、御心のままに』であり、十字架につけられながら『彼らをお赦しください、自分が何をしているか知らないのです』という祈りです。主と心を一つにしたいと願う時、わたしたちの外側の状況はどのようなものであれ、心の内には愛と平安が満ち満ちるのではないでしょうか。しかしながら、破れがあり傷を持つわたしたちの心を主と一つにするには、「明け渡し」「委ねる」ことが必要です。

 イエス様に息子の癒しを願った父親は『信じます。信仰のないわたしをお助けください』と叫びました。主に全てをお委ねしていきましょう。

📢音声

FC2blog テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術

ヨハネによる福音書21章1~14節

澤田 武師

主題聖句 「イエスは、『さあ、来て、朝の食事をしなさい』と言われた。弟子たちはだれも、『あなたはどなたですか』と
        問いただそうとはしなかった。主であることを知っていたからである。」  12節


 ヨハネによる福音書では、復活されたイエス様が弟子たちと再び出会ってくださったのは、ティベリアス湖畔であったと記しています。以前この湖の漁師だった弟子たちにとって、この朝の出来事はイエス様と一緒に歩んだ三年間を思い出させるように進んで行きます。「わたしは漁に行く」ペトロは生活の糧を得るために漁に行きましたが、何もとれませんでした。イエス様は失意の中にある弟子たちに、奇跡をもってご自分を現わされました。     

 3節~6節の出来事は、ルカによる福音書5章のペトロの召命記事の内容と似ています。ルカ福音書では「沖に漕ぎ出して網を降ろし、漁をしなさい」と、復活のイエス様は「網を打ちなさい。そうすればとれるはずだ」と、生涯に2度、「漁をする」ことをペトロに命じます。イエス様は私たち一人一人にも「網を打て」と、命じておられます。イエス様の御旨であると信じても「ここで網を打つのか」と、戸惑いを感じる時があります。しかし、信じ従った者だけが、イエス様が備えてくださった糧を得ることができるのです。

 湖畔にはイエス様が用意してくださった朝ごはんがありました。ここに二つ目の奇跡があります。イエス様のお言葉が、信仰の糧を生み、その糧が、弟子たちの空腹を満たす肉の糧となりました。ヨハネ福音書は5千人の給食の時、一人の少年が献げたパンと魚が、豊かな糧となったことを記しています。献げられた糧は小さな物でありましたが、イエス様が誰にも不足なく、豊かに増やしてくださいました。「さあ、来て、朝の食事をしなさい」と、弟子たちはイエス様の食卓へと招かれます。ヨハネ福音書はイエス様が復活された最も確かな事として、迫害を逃れ、豊かな糧を与えられた朝の出来事を証ししています。しかし、弟子たちはここに留まっていることはできません。弟子としてイエス様と共に歩んだ旅は終わりました。ここから、新たに使徒として世界中に散らされて行くのです。私たちの生涯の旅が終わる時まで、復活のイエス様を証しする者として歩んで行きましょう。

📢音声

FC2blog テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術

マタイによる福音書28章1~10節

澤田 武師

主題聖句 「あの方は、ここにはおられない。かねて言われていたとおり、復活なさったのだ。
        さあ遺体の置いてあった場所を見なさい。」  6節


 自然界の中には一旦は死んだように見えても生き続ける、「再生力」の強い生物がいます。また、仮死状態から「蘇生」させる医療技術が進歩し続けていることを、私たちは知っています。しかしイエス様の復活は完全なる死からの復活でした。それは常識では受け止めることの出来ない事実として、女性たちに現わされました。

 イエス様が死から「復活」されたのは事実です。イエス様の復活を信じた時、それは神様のご計画が人類の歴史の中に、ただ一度与えてくださった出来事であることが分かります。

 マタイは「大きな地震、天使の降臨、墓が開けられた」と、イエス様が復活された朝の様子を記しています。「地震」は神様が起こされました。それはそこに居合わせた者たちだけに感じさせた、古い秩序が揺り動かされる、新しい時代が始まるという神様の証しです。天使は墓を塞いでいた石を転がします。墓が打ち破られた。死が打ち破られた。これらの出来事は、イエス様が復活されたことを証ししています。「復活」を目撃した兵士は「恐れ」に覆われ、「死人のようになった」と、記されています。屈強である兵士たちが、無力になってしまう。神様の前には、人の力は「無」となってしまう事実があります。

 女性たちもイエス様の死の前には無力でした。しかし天使は「恐れることはない。十字架につけられたイエスはここには居られない」。復活は「約束されたこと」であり、事実として「遺体の置いてあったところを見なさい」と女性たちにイエス様がここには居られないことを確認させます。そして、弟子たちに「先にガリラヤに行かれる。そこでお目にかかれる」と伝えることを托します。

 イエス様は女性たちに「おはよう」と挨拶をされました。この言葉の本来の意味は動詞の「喜ぶ」という言葉の命令形「カイレテ」です。イエス様は「喜べ」と女性たちに命じました。復活したわたしと出会った、その良き知らせを告げる者として新たな使命を与える。

 イエス様は十字架の死より、復活されました。復活は全ての恐れを喜びへと変えてくださいました。これこそが福音です。信じましょう。ここに良き知らせがあります。

📢音声

FC2blog テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術

イザヤ書53章1~12節

澤田直子師


受難週は、神のご計画が粛々と進んで行き、しかしイエス様の他には誰もその意味が分からない、そういう一週間です。それは聖書の時代に限らず、今この現代でも、聖書もイエス・キリストも十字架も知っている、でも自分には関係ないと考える人はたくさんいるのです。

 イエス様は、ここまでに3度も十字架の予告をされました。しかし弟子たちはそれを自分たちに関わることとして受け止めていません。これは4節にある「彼が担ったのはわたしたちの病」そのものです。心を、思いを、神様ではなく自分に向けてしまう病です。

 そういう無理解の中でも、イエス様はご自分の周りにいる全ての人に愛の眼差しを注ぎました。何もわからない弟子たちに、付き添ってきた婦人たちに、果ては、ご自分を十字架に釘づけたローマ兵にまで、最後の最後まで、ただ愛することに全力を尽くされました。

 ゲツセマネの園では眠りこける弟子を赦し、傷を負わされた大祭司の手下を癒し、ユダの裏切りの接吻を黙って受けられました。イエス様を知らないと言い張ったペトロをじっと見つめ、大祭司の傲慢やピラトの無知にも何も言われず、隣の十字架で死にかけている強盗の信仰告白に、あなたは今日天国に入る、と救いの宣言をされました。

 6節にあるように、わたしたちはしばしば道を誤り、過ちを認められないがゆえに、正しい道に戻ることができません。それら全てを背負ってイエス様は死なれました。7節「彼は口を開かなかった」ご自分のためには、言葉一つさえも使わなかったイエス様。そのゆえに罪はイエス様のものとされ、イエス様の死と共に罪も死にました。

 それほどの愛を、弟子たちは容易に信じられなかったでしょう。しかしイザヤ書53章11~12節には、それが神の僕の強い意志であり、その結果に満足していることが記されています。罪から最も遠いところにおられた方が、自ら望んで、多くの人の過ちを担ってくださった。それはわたしたちに対する大いなる愛のゆえでした。

📢音声

FC2blog テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術

マタイによる福音書26章26~30節
澤田 武師


主題聖句 「一同が食事をしているとき、イエスはパンを取り、賛美の祈りを唱えて、それを裂き、
        弟子たちに与えながら言われた。『取って食べなさい。これはわたしの体である。』」 26節


 イエス様は過越しの食事の作法に従い、「パンを取って食べよ」と命じます。そして「これはわたしの体である」とのお言葉を付け加えられました。ここに新たな解放の宣言があります。イエス様は過越しのパンが、エジプトでの苦難からの解放を意味していることをさらに深め、人々の罪からの解放を示されました。それこそが、あなたの罪のために十字架で裂かれるわたしの体であると。この体をあなたに与えると言われます。それ以外に罪からの解放はあり得ない。ここに罪の赦し、真実の救いがあります。

 過越しの食事ではぶどう酒の入った4杯の杯を飲みます。これは奴隷時代、「重労働からの解放、贖い、救い、あなたたちの神となる」との、神様の4つの約束を意味します。「杯を取り、感謝の祈りを唱え」、これは3杯目の杯です。

 「これは、罪が赦されるように、多くの人のために流されるわたしの血、契約の血である」イエス様が付け加えてくださった約束です。過越しの夜、イスラエル人の家の鴨居と柱に塗られた小羊の血が、民を守りました。神様とイスラエルの民との間の約束です。しかし、イエス様は十字架で流されるわたしの血こそが、神様と人々の新しい契約であると宣言されました。イエス様が生き、そして死ぬことによってあなた方と神様の間に新しい関係が生まれ、契約が結ばれることを宣言されました。新しい契約、ここに福音があります。

 「わたしの父の国であなたがたと共に新たに飲むその日まで、今後ぶどうの実から作ったものを飲むことは決してあるまい。」このお言葉は、イエス様が今どこを見ておられるかを示しています。イエス様は目の前に迫った十字架を見つめながら、最初の聖餐を行いました。罪からの解放、救いの新しい契約、それは十字架に架けられたイエス様のお体と血によって備えられるものである。そして、十字架の先にある神の国、父の国で弟子たちと共に歩むことを見ておられました。

 イエス様は過越しの食事を、新しい契約に変えてくださいました。聖餐はパンとぶどう液を、イエス様のお体と血を象徴するものとしていただきます。罪赦された者の幸いと、新しい契約を与えてくださった神様への感謝の時です。

📢音声

FC2blog テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術