わたしは喜びで満たされている

ヨハネによる福音書3章22~30節

澤田 武師

主題聖句 『あの方は栄え、わたしは衰えねばならない。』   30節

 29節、洗礼者ヨハネの言葉 「わたしは喜びで満たされている。」 を説教題といたしました。それは私たちも「喜びで満たされた」信仰生活を送りたいからです。神様が最初に人間を創造された時、神様は人間に必要なものを先に備え、人間が「喜びで満たされて生きる」ようにと、この世界を整えていてくださいました。神様は、創造された全世界を支配させるために、特別に人間を創造されました。神様から人間に与えられた使命は、唯一の神様を礼拝する者として「喜びで満たされて」生きることです。

 私たちの思いが、「主の栄光を現す者」、「主を証詞する者」であるならば、私たちの歩みには困難や苦難は無くなります。しかし、現実には様々な困難や苦難を覚えます。それは私たちの心に、他者と比較する心、嫉妬する心、この世の評価に囚われる心があるからです。それは 「対立する心」 となり「対立する心」は、洗礼者ヨハネの言葉 「あの方は栄え、わたしは衰えねばならない」 を受け入れることが出来ない、罪となります。

 洗礼者ヨハネはよく信仰者の鏡のような人物と評価されます。自分の役目を知り、イエス様を証するために、備えの道を整えるために生かされた者。そして、役割が終わるとその場から消えて行く者。結婚式の例えで、介添え人の喜びは、「花婿の声が聞こえること」と記されています。介添え人は花婿(イエス様)の親友である者に託された使命です。神様は同じ使命を私たちにも与えられています。私たちは唯一の神様を礼拝し、応答の賛美をお献げします。私たちの生き方全てが、イエス様を証する歩みとなります。

 洗礼者ヨハネは信仰を頑張った人物ではないと思います。彼は信仰に励んだ人物です。彼はすべてを神様に委ねました。私たちも信仰生活に励んで行きましょう。決して頑張らないでください。

 神様は私たち一人一人をよく知っていてくださいます。欠けだらけの者であることもよく知っておられます。その私たちがイエス様を証する者として、用いられています。この選びにこそ祝福があります。結果を委ねた時に、「わたしは喜びで満たされている」信仰生活が始まります。

📢音声

ナザレの人イエス

マタイによる福音書2章19~23節

澤田 武師


主題聖句 「ナザレという町に行って住んだ。『彼はナザレの人と呼ばれる』と、
        預言者たちを通して言われていたことが実現するためであった。」23節


 マタイによる福音書は、クリスマスのもう一方の現実、暗闇の中を歩む二組の者たちの存在を伝えています。ヘロデ大王ほどメシア誕生の出来事を一番身近に、真剣に、そして不安に覚えた人物はいないと思います。彼の心は、自分自身への執着、抵抗勢力を排除する「闇」で覆われていました。「心の闇」は、イエス様との間に断絶を創りだします。彼はクリスマスの光、救い主誕生の祝福を見ることは出来ませんでした。

 一方、ヨセフも暗闇の中を歩んでいます。救い主誕生の大きな喜びを知ったそのすぐ後に、ヘロデ大王の「心の闇」は、彼らが他国に避難しなければならない事態を引き起こしました。さらなる混乱はヨセフに、新たな「闇」を感じさせたはずです。しかし彼は迷わず、天使の命令に従い、直ちに行動を起こします。彼には闇の中でも 「エジプトに逃げなさい。わたしが告げるまで、そこに留まっていなさい。」「イスラエルの地に行きなさい」「ガリラヤ地方に引きこもる」 との御言葉が与えられます。御言葉はどれも行先の指示はありますが、そこで何が起こるのか、何も具体的なことは知らされていません。

 ヨセフには今、行先を示した「点」としての御言葉が与えられました。次の「点」がいつ与えられるかは分かりません。示された所がどのような場所なのかは、行って見なければ分かりません。しかし、彼は示されたらその「点」に向かって進んで行きます。

 「ナザレの人イエス」この言葉は、後にイエス様に敵対する者たちが蔑んで使ったイエス様の呼び名です。イエス様の歩みは「十字架」に向かっての歩みです。その歩みは最初から、時の権力者の妬みや、執着心「暗闇の心」がいつも共にありました。

 「点」は彼らの旅の終わりを、安住の地となるナザレを示しています。それは、苦難の僕としてのイエス様が、宣教を始める準備の町ナザレへの旅となりました。「点」を信じて歩む彼らの姿は、神様の御言葉に従い続ける信仰者の姿です。それは、私たちの姿でもあります。イエス様を主役とする者の生き方です。

📢音声

平和を実現する人々

マタイによる福音書5章9節

澤田直子師

『平和を実現する人々は、幸いである、その人たちは神の子と呼ばれる。』

2017年を振り返りますと、平和について様々に考えさせられた一年であったと思います。ヘブライ語の「シャローム」は、本来、どの方向にも全く不足がない状況を意味します。また、苦しみとか不安が「ない」というような、否定語をつけない言葉だそうです。すべての幸せを見出し味わい楽しむ、それがシャロームです。それはあまりにも現実味のない言葉のようにも感じられます。

 キリスト教は関係性を重視しますので、私一人がシャロームなら良いということはなく、ではそのシャロームを誰とどうやって分かち合いますか、となります。それが「平和を実現する」という言葉に表されます。聖書において平和は与えられるものではなく、作り出すものです。私たちに与えられているのは福音です。主イエス様の十字架の贖いに対して、私たちは何一つ支払っていません。それは神様の一方的な愛と憐みによって与えられました。私たちはただ、それを受け入れるか受け入れないかを選ぶだけです。何であれ、物事を選べばそこには責任がついてきます。福音に救われることを選ぶ者には、イエス様に倣うという責任がついてきます。

 しかしこれは、責任というよりは特権に近いものです。なぜならば、私たちは自分の努力では到底、イエス様に似た者になることはできません。それをご承知の神様が、いつも共にいてくださる、私たちをご自分の道具として、用いてくださる。使うお方が全知全能ですから、道具の良し悪しに関係なく、完璧に手入れをし、完璧に使ってくださいます。

 「平和を実現する」とは、徹底的に神の道具となることです。イエス様ご自身も、人として生き、その弱さの中で平和を実現するために苦しまれました。「実現する」とは、ある物を見て、別の事を連想する時に使う言葉です。窓の外の木々の揺れを見て、風があることを知る、というような。私たちに、この御言葉が求めることは、その存在が平和を思わせるような人間になりなさい、ということでしょう。教会堂を出てからが正念場です。平和を実現する姿で世に遣わされて行きましょう。

📢音声

主が輝き出で

ルカによる福音書2章1~7節

澤田 武師

主題聖句 『ところが、彼らがベツレヘムにいるうちに、マリアは月が満ちて、初めての子を産み、布にくるんで飼い葉桶に寝かせた。宿屋には彼らの泊まる場所がなかったからである。』
2章6~7節


 皇帝の勅令は「権力者にとっての、力の誇示と富を蓄えるための命令」であり、聞く者には「拒むことが出来ない」現実となりました。マリアは御心によって、お腹に子どもが与えられた。しかし、そんな事は誰も信じられません。若い夫婦にとって、ナザレは安住の地、平安の村ではありませんでした。マリアを残して行けば、世間の目、人の声、態度からマリアを守ることができない。また、一緒に行くならばこれも、身重のマリアには大変な負担となるでしょう。ヨセフはマリアを連れてベツレヘムに行く、苦渋の決断をします。

 旧約聖書のミカ書にクリスマスが預言されています。「ベツレヘムにて救い主が誕生する。」その預言は成就しました。「住民登録」のための二人の旅は、ヨセフの苦渋の決断が、すでに神様の選びの計画に組み入れられていた証詞となりました。

 しかし事態はさらに悪化します。ベツレヘムでは彼らの泊まる場所は提供されませんでした。それは人々の善意から漏れたという事になります。しいて言えば、拒否されたことに他なりません。ここにも人の世の暗闇が見えます。彼らは人の世の暗闇に再び包まれました。7節「宿屋には彼らの泊まる場所がなかったからである。」

 遠い昔から今日に至るまで、世界中で祝われているクリスマスは、全て、この夜に帰ります。「布にくるんで飼い葉桶に寝かせた。」 ここにイエス様はおられます。教会が伝えるクリスマスの喜びは、人の住まない所、暗やみの中、誰からも顧みられない所で始まりました。イエス様はお生まれになりました。それは神様が人となられたということです。十字架の死によって、すべての者の罪を贖ってくださる救い主イエス様のお誕生の夜は、私たちに生きる場所が与えられた時です。教会は変わることなくこの「良い知らせ」を伝え続けます。そこに、イエス様が居られることを伝えます。世界中の全ての人が、ここに帰る場所を見つけることができます。

📢音声

主の熱意が成し遂げる

イザヤ書9章1~6節

澤田直子師


 この有名なイザヤの預言は、紀元前730年ごろ、北イスラエル王国がアッシリアにほぼ占領された時代になされたものと言われます。「闇の中を歩む民」はアッシリアに捕囚として連れ去られた人々を、「死の陰の地に住む者」とは荒れ果てたエルサレムに残された者を指すと考えられています。

 しかしそこに、神様は深い喜びと大きな楽しみをお与えになる、と記されます。これら預言の言葉に過去形が使われるのは、必ず成就することを表します。しかしそれは「ミディアンの日」士師記6~8章のギデオンの300人の勝利のような、戦いに勝つことではありません。それは小さな、無力なものの姿で、わたしたちに与えられます。

 5節にはイエス・キリストの4つの姿が記されます。『驚くべき指導者』 神の全知全能の「全知」の部分です。驚くべき知恵を、救い主は私たちを導くためにのみ使われます。『力ある神』 「全能」の部分です。この力が勝利するのは、外から来る敵だけではありません。最も恐ろしいのは心の内に潜む敵ですが、しかしこのお方は決して負けることはありません。『永遠の父』 その支配には、限界も終わりもない。そして父のように、私たちを愛し、責任を負ってくださる方です。『平和の君』 神の平和シャロームを与えてくださる。全てを主に委ね信頼し、外にどのような嵐があっても心は穏やかに安らいでいられます。

 最初にあるのが「驚くべき指導者」であるということは、イエス様は私たちに寄り添うために来られたことを証ししています。イザヤはこうして建てられるであろう王国に権威は増し、平和は絶えることがない、と予言します。その根拠は、『万軍の主の熱意がこれを成し遂げる』 私たちが頑張って到達するのではない、神様が成し遂げる、それも仕方なく、ではなく熱意と強い意志で成し遂げられる。

 万軍の主が成し遂げようとされたのは、裁きでも力による勝利でもなく、愛すること、赦すことでした。仕えられる権威ではなく、仕える謙虚さを持つことでした。イエス様の、十字架に至る歩みがそれを証明しています。主に倣う歩みを一歩でも二歩でもしたいと願います。

📢音声